あした地球がこなごなになっても 良い。 ぐっとくる。 可愛いくもあり切なくもある曲。 無理してるの? 無理してるよ ごめんね ここで泣きそうになります、 もがちゃんが 無理してるよ と歌うのが、現実にリンクしていて 余計胸にきます。 改めて でんぱ組を好きだと思わせてくれる曲。

なんですかこれは 学芸会レベルで聴けない

わー MVもすごく良いよ いつもいいけど

でんぱ組応援隊 最高の曲

だいすき! 待ちに待った新曲! 今までのでんぱっぽくはないけれど、とっても気に入っています。 いにおさんの世界観と彼女たちの可愛いさがピッタリはまって最高です! 最後の大サビに向かうえいちゃんのパート泣きそうになります。 たくさんの人に聞いてもらえますよーに◟̆◞̆

こんなでんぱもありかも 前回のおつかれサマーは でんぱっぽさが薄れてきてる気がしたけど、これはいにおの雰囲気がうまい具合にmixされて、且つでんぱのかわいさもあり、正統派だけどなかなかすきです♡

でんぱらしい曲 新しいのにどこか懐かしい、そんな要素がぎゅっと詰まったずっと聴いてても良い曲です 曲もとても良いですが、なによりMVが僕は凄く好きなのでそちらもネットで検索して頂きたいですね

たゆたって宇宙船、一緒につかまえに行こう 本当に怖かった。どんなに暗黒ソングが生まれるのかと思った。「あした地球がこなごなになっても」浅野いにおさんの作品は多く読んでるので(話が逸脱するが短編集の世界の終わりと夜明け前が一番好きです)期待は多かった。そして、裏切らなかった。でんぱ組がこういったしっとり系を歌うと、ふと、「でんぱソングを歌ってくれ」と、思ってしまう。そんなのを払拭するくらい爽やかで、そして女の子らしい曲であった。でんぱ組がアイドルソングを歌うというのはこういうことなのかもしれない。また、彼女たちはあくまでアイドルという枠組みなのだと改めて気づかされる。強く、大きくなったと思うよ。彼女たちのアイドルへのこだわりをまた少し身近に感じた。そしてなにより、この曲は私にとっては、でんぱ組で最高の「萌キュンソング」でになった。この人たちの作る文化が好きだ。「アキハバライフ」でんぱっぽいなぁ、うまくできてるなぁ、今回のシングル。あっぱれぱれぱれさ。

いままでとはちがう 大人っぽいかわいさの でんぱがみれます!