• Nikki (Diary)

  • 2200円
  • 2005年12月21日
  • 良い曲多いけど 改めてしっかり聴いてみると、粒揃いのややとっ散らかった仕上がり。 メロディセンスは申し分ないが統一感がない。

    くるり最高!! 赤い電車ほどいい曲はないよ!! くるりが居てよかった。

    駄曲の中に散りばめられたひときわ輝く名曲がニクい。 正直チームロックからのにわかファンです。それ以前は邦楽を聞いてる事をなんだか凄くダサイことだと勘違いしていた多感な頃でした。新作も聞きましたが、やっぱりトラック6と13が収録されてる本作が一番好き。

    ブリティッシュ!!! ストレートなサウンドでくるりっぽくないアルバム。 演奏、楽曲ともによいと思うが、今までヘタウマとか「味」で済まされてきた、というか魅力ですらあった 岸田氏の歌唱力が今作ではネックになっていると思う。

    飽きません! ロック好き!なら、一度は聴いて欲しいです。 日本も、ここまで来たかっ! ヘビーローテーションで、聴いてます。 激しい中にも、癒しな1枚。

    こんなアルバムが出るのをずっと待っていた 僕はくるりが大好きだ。 けれども、今までくるりには心から人に勧められるアルバムが無かった。 くるりの良さには繰り返し聞いて初めて気づく部分も多いのだけれど、 マニアック志向が災いして、普通の人に「何回も聞いてみて!」とは言い出し辛かったのだ。 だけど、NIKKIは耳に心地よい王道の音を出し、尚且つこってりとくるりが詰まっている! 気負わずにさらっと何回も聞いてみて下さい。 いつの間にか身体に染み込んで離れなくなりますから。 Baby I Love You、Superstarは特にオススメです。

    すごいです。 くるいすごいです。それだけです。 日本でダントツですね。

    QURULI最高傑作登場 日本語ロックというジャンルが適切か否かはさて置き、まごうごとなき日本語ロックの金字塔。ここにはロックの初期衝動が全て詰まっている。各々の楽曲には、Led Zeppelin、The Who、Kinks、等など60-70年代英国ロックへのオマージュというか直接的な影響を感じさせるものが少なくない。それが陳腐な「あれは~の引用」と思わせない、強固な渾然一体となった圧倒的なロックの初期衝動を感じさせる。(ただしオリジナリティはないが)。無人島ディスク入り決定!

    すごいぞくるり!  やっときたかくるり!待ちに待ち焦がれた彼らです。 かめばかむほど味が出る。大好きです。  彼らのメジャーデビューの原点、「東京」は必聴です!!!

    坂本龍一とか 細野はるおみとか山下達郎、大滝えいいち、松本隆、高橋、、とか、、、の日本のmusicをまともにした連中以上の音楽センスを感じます。

    いいと思うし、お薦めしたいが、、、 この値段で手元に音しか残らないのは、、、、ファンとしては限定版のCDを買いましょう。ファンでない人は豪雪の中、「つ○や」か「GE□」に行くしかない。

    待望の! i-tunes登場!!新作NIKKIは何度聴いても新鮮であったかくなります★ 中でもBaby I Love Youは本当に名曲です。とてもシンプルで優しくてこんなスタンダードな名曲を 作れるのはくるりだけ!!♪名前を呼んでよ…の歌詞の部分を雪景色の中で聴くと、いつも泣きそうに なります。今のくるりを存分に味わえるNIKKI、ぜひ全曲通して聴いてみるべき!

    くるり入門編 わかりやすくて口ずさめるくるりナンバー。カラオケでもてらいなく唄える! かも。

    くるり万歳。 待ちにまった。くるりの登場。くるりなしに音楽は語れない。やっときた。くるり。すごいぞ。くるり。