• Manatsu No Tooriame - Single

  • 250円
  • 2016年04月15日
  • 慟哭 ヒカルちゃんの心の叫びが辛すぎて、哀しすぎて暫くは聴くのを止めます。 お母さまと同世代の親として、同世代の娘をもつ母親として、ひとつの決意に導かれました。 ママは娘の子どもの力になりたい!って ヒカルちゃんの歌詞の行間や音の響きが慟哭に聞こえて仕方がないのです。私も少し落ち着き、それがレクイエムに変わるとき、また聞かせてください。 ヒカルちゃんの歌声が大好きな女性より

    待ってた ずっと待ってた!

    メロディーが素晴らしい 花束を君によりこっちの方が良いですね。本当にヤバイ曲…

    買って損無し ニュースのエンディングで聞いて即購入しました。

    生と死 良い様に書かれている方々ばかりですが、私はタイトル通り「生と死」について深く考え宇多田ヒカルさん自身の想いが歌詞にしっかりと現れている気がします。 スローメロディーの中に最愛の方と過ごした時間や思い出、温度が込められている気がしてなりません! 歌詞の一番最後。 「止まない雨・癒えない渇き」の連続で少し恐怖を覚える程でした。

    聞くたびに涙が出ます。 みずみずしい風景とは反対に、悲しみで乾ききった心の叫びが強く伝わります。 こんな深い表現ができるのはこの人しかいませんね。 おかえりなさい、宇多田ヒカル!

    涙が‥ きづけば涙がぽとりぽとりと溢れていました。戻りたいなんて思ってないけれど、隙間に覗く寂しさに入り込んで、気持ちを揺さぶられたような気がしました。新しい恋もいらない、前の恋に縋りたくない。でも、あの時確かに恋してたなぁって思い出しました。

    ずっと待ってました 宇多田ヒカルさんの曲を聴くと、悲しい曲でも自分の悲しい事も包んでくれて、泣いちゃうんだけど、救われる感じがします。 綺麗な表現の中にある、衝撃的な苦しさ…宇多田ヒカルさんにしか表せないような重みと美しさです。 これからも、苦しみを成仏させてくれるような曲を待っています。

    母に向くて描いたのでしょうか? 私の母も10年前に亡くなりましたが、今、私自身が母になり聞きたい事がいっぱいあるので、歌詞と重なる部分があり涙が出ます。

    切ないくて暖かい曲です 色々あって混乱していて、心を落ち着かせるために購入しました。聴いていると心地良いメロディーと声で穏やかになります。歌詞も綺麗でいて切ないです。当分はヘビロテすることになりそうです。笑

    好き 切なくて、 鳥肌たった。 好き。

    有線で この音楽流すのやめて頂きたい。膝から崩れ落ちそうになる。

    惜しい 花束を君により、宇多田ヒカルと言えばこっちが「らしい」。 声の出し方、意味深な歌詞、切なすぎて気が狂いそう、身を八つ裂きにしているようなメロディ。 ああ、天才が帰ってきたなぁと思う… が、メロディも歌い方もどこか他の宇多田曲でも聞いたことのある感じ。 そういう意味では花束の新しさは凄くよかった。 あちらは慈愛に満ちすぎて宇多田ヒカルの良さまで削ぎ落ちている部分がある。 あちらの新しさと、こっちの宇多田ヒカルならではの切なさや声の伸びを表現できたなら、凄いものになるんじゃないかなと思った。 バラバラで2曲なのが非常に惜しい。 人間活動をして、新しい方向を目指す宇多田さんの想いが伝わってきました。 今作2曲は音楽性以上に非常に感情的にある方のことに焦点を絞って書いた作品だと思います。 対になっているような構成、同じ別れでも反対の感情、色々な解釈を浮かばせて魅力的な2作品です。 そういう意味でも2曲セットで完成している曲なのかなと感じました。 是非新生宇多田ヒカルに期待しています。

    素晴らしい! 宇多田らしい良曲

    10年も前の気持ちを鮮明に蘇らせる曲 10年前の初夏に祖母が亡くなった。その時の気持ちが鮮明に思い出されました。 幼かった私の感情をこの曲の歌詞を借りて墓前で伝えたいと思います。

    こころの支えです。 宇多田ヒカルさんの復帰を横浜のコンサート以来、まだかまだかと待ってました。 つい最近、悲しすぎる現実がありこの曲が私のこころを代弁してくれていて毎日聴くたびに泣いています。 ほんと素晴らしい曲をありがとうございます。 今年に復帰してくれてほんとにほんとにありがとうございます、この曲が私のこころの支えになってます。

    溶け込むような音 すっと頭に入ってくるメロディーで、不思議な気持ちになります。おかえりなさい

    どうして。そうして、ありがとう。 どうしてこんな曲がかけるんだろう。切ないけれど心が落ち着く、あるきたりだけど、ありがとう。

    涙がでる 歌詞の切なさと美しさに泣いて、歌声のまっすぐ訴えかけるような響きにもまた泣きました。苦しいけど、聴かずにはいられない。

    まいった 素晴らしいとしか言いようがない。

    神様 おかえりなさい! 大ファン。そして相変わらず天才、神様。心に染みる。 一番好きな歌手。 それは変わらない

    天性 本当に良い曲です 桜流しに次ぐ名曲です 人生を生きるためにあるような曲だと思います… 宇多田さんは何があっても、素晴らしい曲を私達に届けてくれますね 宇多田さんは私にとっての歌姫です!ありがとうございます!

    聴いたら 涙が溢れて止まらない。

    感無量 聴き終わった時、鳥肌 一曲でその人の人生を 変えてしまう魅力。

    ありがとう。 タイトルだけで最初はダウンロードして、何気なくお昼寝の時に聴いてみよと思ったら…もう号泣してお昼寝どころじゃなくなりました。半年前に父が急死して、立ち直れないまま病んでいて…そんな時にこの曲に出会えて本当によかった。ありがとう。

    大好きです 「花束を君に」と一緒に何度も聴いて何度も涙して、宇多田ヒカルの表現力に感動しています。 もっと知りたくなって、色々な曲を聴いていくうちに、元々好きだったけれど彼女のファンになりました。 創り出す雰囲気、世界観が好き。宇多田ヒカルの音楽が本当に好きです。

    なぜなのかわからない どうしてこんなに涙が溢れるのだろう。 震えがとまらないよ。

    この曲を聴くと 切ないです。詩的表現も 芸術的としか言いようがないです。ヒカルワールドにひきこまれてゆきます。 これぞアーティストだと思います。

    泣いた 数年ぶりのヒッキー。いつも私に色んな気持ちを伝えてくれている気がします。いつまでもあなたの歌を聴き続けるよ。

    胸が締め付けられる声 「夢の途中で目を覚まし」の時点で目頭が熱くなった。 柔らかな声、静かなビブラート。 聴くと涙が出てしまうので、人前では聴けない。

    良い JPOPで何年ぶりかに良い曲を聴いた。

    いいな 嵐の女神が 母親の事を って聞いたので、 あぁ、これは母親になって子供が産まれて 母親の気持ちを知って 会いたいなぁって事かと感じたり。

    泣きました 初めて聴いて泣きました。 母親と祖父の事を思い出しました。

    天才過ぎる 泣いた…

    深く心に刻む曲 こんなに音楽を聴いて感動したのはいつぶりかな。自然と涙が出てきてしまいました。素晴らしい音楽をありがとう。

    異次元。圧巻。 重厚かつ透き通った歌声、美しく繊細な言葉と生楽器の響き、彼女にしか創ることのできない芸術です。この歌は人の心を動かす大きな力を持っています。なんとも恐ろしい作品ですね。

    ほんとに大好き 復帰嬉しいです。 これからも素敵な音楽生み出し続けてください!!

    心揺さぶられる 歌声に、メロディーに、心揺さぶられる曲です。 初めて聴いたとき、自然に涙が出てきました。 切ないような、悲しいような、こんなに美しい曲を聴けて嬉しいような… 色んな感情を揺さぶられます。 宇多田ヒカルの歌声が聴けるこの世代で、良かったと思います。

    おかえりなさい 初見で聴いた時は少し戸惑ったけど、桜流しの時みたい聴けば聴くほど馴染んで良い感じ 自分もdeepriver辺りのR&Bな曲が一番好きだけれど、だからって今回は期待外れって言うのはどうなのかな utadaBlueからとっくにjpop寄りになってたし今更文句つけるのもなんだかなあ あと「母親になって声が優しくなった」ってデタラメすぎないか?! そんな魔法じゃないんだしいきなりガラッとは変わらない 優しい歌声の曲だって過去に幾つかあったし声は桜流しの頃からあまり変わらないと思う それはそうとヒッキーおかえりなさい!大好きです

    この曲の方が好き 花束を君にも 素晴らしい曲ですが この曲の方が 宇多田ヒカルらしさが 滲み出てて好きです。 聴くたびに涙が 出そうになります。

    ......at leastエンディングが長い過ぎる(´・Д・)」.. 母さんへ曲ですか... 聴いて、いつも「There should have been something else deeper overall...」でも期待した方がこなかったんだ... 歌詞のことについて...たぶんわたくし自身が日本語がmother tongueじゃないから、でもね「宇多田がアメリカでこれまで日本語が話したのが全然ないか???」と...ちょっとだけ感動した、pvは功労だった😂😂😂 たぶん期待したのも過ぎだorz とりあえずニューアルバムを期待してる

    最高! やっぱり宇多田ヒカルは天才だ。

    唯一無二 日々、沢山の楽曲が、人の数だけ生み出される世の中なのに、やっぱ宇多田ヒカルさんの音楽は、人が書けそうで書けそうにないメロディーというか、思い付きそうで誰も書けない歌詞というか、ホント誰とも似てなくて、聴いた人の心をじわじわ湿らせ、ぐっと掴む感じがする。 心が震える。

    切ない 宇多田ひかるさんの、今の気持ちが痛いほど伝わる歌です。 わたしも同じような経験をしているのでとても共感出来ます。

    悪くはないけど‥ デビューした頃のジャンルが好きだった私にはちょっと期待外れ。

    やはり天才だった 最近のアーティストでは書けない名曲。近頃、身なりや奇抜なメロディーだけが取り柄のサブカル系アーティストがランキング1位を取ったりとjpopに嫌気がさして洋楽に逃げたりしたが、これはいい。

    Ruuuuka 涙が出ました。最高です!

    涙が止まらないです。 お母さんに宛てたメッセージなのかな…。聴いてると悲しくなってくる歌だけど、その後で「花束を君に」を聴くと、ヒカルちゃんの優しい歌声がより心の深くに響いてきました。 例え困難な出来事があっても、少しずつ前を向こうという気持ちになれました。 私にとって、音楽で初めて感動を与えてくれたのはヒカルちゃんです。これからもずっと応援してます!またヒカルちゃんの歌が聴けると思うと楽しみです。 また感動を与えてくれて、本当にありがとう。

    本物の証 何年ブランクがあっても、たった一曲でリスナーを引き込ませる天才。久しぶりに音楽で涙が出ました。