• Cold Tube

  • 2100円
  • 2000年03月23日
  • 今だからこそ アルバムの冒頭にある「青い光」は原子力の事故をモチーフにした曲だそうです。 今だからこそ、考えてみましょう。。。。。。

    独特の感触を持った傑作 この人の「歌うたい」としての資質と現代的なサウンドが融合して生まれた傑作アルバム。 僕は「斉藤和義ファン」ではないのですが、このアルバムはかなり繰り返し聴いてます。 冒頭「青い光」での、生活感とアシッド感が絶妙に交錯していく感じや、 30歳前後の女性必聴の名曲「アゲハ」における、ドタバタしつつ跳ねるリズムと歌の絡みあいかたなどなど、ここでしか聴けない独特の感触を持った曲が並んでいます。 冷たいのに熱いというか、朴訥としてるのに近未来ふうというか…。 斉藤和義を知らない人も、「歩いて帰ろう」くらいしか知らない人も、このアルバムには唸らされるのでは。 もっともっと評価されていい傑作だと思います。