• Blue Jam

  • 1650円
  • 2007年06月06日
  • これがボニーピンク 学生の頃、このアルバムばっかり聴いてた。 やっぱり、ボニーピンクはこのアルバムが1番すきです

    いいです 今までで1番かも

    ロック これが1番のアルバムと個人的に思ってる

    色褪せないアルバム 鋭く力強いボーカルはキレていてカッコよく、そして良い意味で青く、危なげで切ない。 声の出し方だけでなく、音に乗せる言葉の発し方も、一言一言訴えかけてくる重さがあります。 クリスマスになると〝オレンジ〟が聴きたくなります。何度聴いても胸が苦しくなる。

    坂のある町 僕はこのアルバムを学生時代に聴いていました。今でもBonniePinkの声を聴くだけで、そのときの情景がはっきりと蘇ってきます。それだけ彼女の音楽には、画一性があり、一本のベクトルが存在しているように思います。一枚のアルバムを通して聴けば、一人の女性の生活感や彼女を取り巻く環境が垣間見ることができ、実物大のカラーポスターをみているようです。15年経った今でもそう感じます。多感な時期にこのアルバムを聴けてよかったぁ。

    ボニーさんの学生的音源(中国語っぽい?) 学生時代特有の蒼っぽいCreativityがあって、大好きなデビューアルバムです。 「背中」の感傷的なLyricが印象的。ミニアルバム的曲数な所もとても聴き易いしさ。 洋楽的な音に走るのでなく、詞での男女の等身大な所が、実は何より好きかな。 (これは私の2006年7月HMVレビューより再編集したものです)



    2017 上半期ヒットチャート