• Level 42 - EP

  • 900円
  • 2007年10月24日
  • 初期が一番良かった 表題曲や有名なカップリングのロックチューン「What ever~」など、初期はとても良かった。 ボーイッシュなガーリーポップ、売れ線とサブカルの間でかわいく痛快な楽曲が多かった。 でもその後、民生やビークルといった、男子すぎるロックへ行っちゃって、今やもう聴いてない。 たまに軌道修正的にガーリーなバラード曲を出すと、逆にもうベタベタに売れ線狙いになってる。 この初期の頃のように、メロウなメロディーラインの酸っぱいポップに回帰してほしいといつも思う。