• プライマル。 - EP

  • 1000円
  • 2001年01月31日
  • 思ったよりデカい動物だ、なんだろう。考えながら痛がって数日。ああ、この歌だつたのか。どうしたら治るかな?

    さらば偉大なる野良犬共 結果としてTHE YELLOW MONKEYのラストシングルとなった作品です。 ジャケットからは3年後の解散をあまり予想させませんが、歌詞は既にこのバンドを終わらせると言う意図が見え隠れします。 吉井がこの曲をTHE YELLOW MONKEYのエンドロールのラストに持ってきたのはやはりバンドからの卒業を意味したのではないだろうか? 以来ファンは何時の日か帰ってくるはずの野良犬たちを待ち続けました。 たまに聞こえてくる鳴き声を聴きながらそれぞれの無事を確認していました。 しかし、彼らが再び集まるのは彼ら自身の葬式の場でかつての勇姿を見ることは二度と叶わなくなったのでした。