• STARTING OVER

  • 2100円
  • 2008年01月30日
  • エレカシ入門編 とってもロックでポップで、悩ましくもスカッとするアルバム。エレカシの表面というかアイコンとして、入り口として凄く完成度が高いアルバムです。全編で編曲に携わる蔦谷好位置の力も大きいと思います。

    巻き舌サイコー 宮本さんが病気を克服して、活動再開というニュースを見て、エレカシに興味を持ちました。 エレカシといえば、「今宵の月…」しか知りませんでした。 エレカシ初購入が、このアルバムです。 全曲素晴らしいです。何度も何度もリピートしてしまいます。 宮本さんの巻き舌、カッコよくて大好きです。 ロックは巻き舌ですね‼︎

    翳りゆく部屋 ユーミンの40周年ニュースで紹介されていて、気になって購入! 素晴らしい!

    鼻濁音にビックリ❗ 「翳りゆく部屋」を探して行き着きました。♪どんな〜運命が〜の「が」の鼻濁音の発声が美しいです。他のも聴いてみます。

    良すぎる。 弟に進められて聴いたのが、このアルバム。 リッスントゥーザミュージックと笑顔の未来と風に吹かれてが良すぎます。 今ではエレカシの虜です。

    いい中年がつくったいい曲達 エレカシで初めて聴いたアルバムでした 「今宵の月のように」、で有名なエレカシですが、これは名盤だと思います 2.「笑顔の未来へ」、4.「リッスントゥザミュージック」、10.「俺達の明日」の3曲だけでも聴いてほしいです バカやってた若いエレカシは終わり、大人のエレカシがいい年の中年に向ける大人の応援歌です

    しびれました 翳りゆく部屋をたまたまテレビで見てから気になりだし、こうして聞くともうしびれました・・・最高です。

    LIVEが待ち遠しい♪ 8のカバー曲「翳りゆく部屋」と11の「FLYER」がとても好きです。LIVEで聴くのも観るのも楽しみです。 特に「FLYER」は何故これがシングルで発売されないのか?というくらいイイ!のですが・・・ 大丈夫だ!!・・・といつもLIVEで勇気付けている宮本さん。1曲1曲凄まじい気力で作っていく彼らには敬服です。 自分自身への今までの葛藤などの末、突き抜けた今回のアルバムな気がしました。 しかし、私個人的にはポップな感じが好きではないので★4つにしました。 強いロック8曲&優しいバラード3曲・・ぐらいが希望ですね(笑)。

    切なくて元気ももらえるアルバム 今更ながらエレカシにはまり、過去の作品も聴きました。 昔のアルバムがあっての今回のstarting over! とにかくいい歌を丁寧にリスナーに聴かせたい、という宮本さんの気持ちが音を通じて胸に突き刺さり切なくなるほどです。 全体の曲の流れがすばらしく、アルバムで通して聴く事をおすすめします!! 3、4、6、11 が特に素晴らしい

    おすすめ! よしがんばるぞって気分の時にも、夜一人しんみりしているときにもなんだかほっとするっていうか、そんなアルバムです。4などは昔のもどかしかった頃の気持ちをふと思い出してしまいました。。。 これをきっかけに多くの人が他のアルバムからも伝わってくる宮本さんの強いメッセージから何か感じ取れればいいなって思います。

    ほんとに良かった この人達は一曲一曲を大事に大事に作って、歌っているんだなと感じました。 大人になってもおっさんになってもずっと聞いていたい一枚です。

    エレカシは器用だ! エレファントカシマシ(宮本)は本来、世間や自分自身に対する「革命・啓発」を唄うバンドだと思います。 でもそれでは多くの日本人に伝わらない面もあるので、たまに一般受けするような曲も作る。 そんな作品でエレカシワールドに入り込んだリスナーを、「生活」や「俺の道」等の本当に伝えたい作品へ誘う。という流れを感じます。そんな僕も「今宵の月のように」でハマった一人。 今や宮本と一緒に連日連夜、いろんなものと戦っています。 どんなに一般受けブランクがあっても、2/9現在でアルバムランキングトップ10入りしているのは、やはり宮本の才能が優れているからでは、となぜか僕も誇らしく思います。 エレカシの優れた点を失わず、器用に綺麗な曲を作り上げることが出来るのは本当に凄い事。 恐らく今作品でまた新たなファンを増やし、過去作品での想いを伝える事に成功するのではないのでしょうか。とにかくいい曲だらけです。

    聴きやすかった 久しぶりに聴きましたが、ちょっと大人になったというか、以前にくらべて聴きやすかったです。もっと売れて評価されてもいいアルバムだと思います。

    万人受けはするでしょうが・・・ 昔からのエレカシファンだからこそ 敢えて、自作の期待を込めて ★三つに留めておきたい。 アルバム全体の完成度としては 全作の方が断然イイと思う。 今作は、確かに万人ウケはするでしょうが、 その反面で、バンドとしての楽曲構成が曖昧になった。 新しいことに挑戦するはいいが、 引替えに、せっかくのグルーブ感やリズム感が薄れてしまった。 その点に於いて残念なところです。 新しいことに挑戦するも、分かり易い音楽を作るもいいが、 軸だけはぶらさないで欲しかった。 万人に媚を売っているアルバムとは言い過ぎか・・・

    エレカシ初心者でも! 今までまったく触れて来なかったエレカシでしたが、一度彼らの音楽・ライブを見て、大好きになってしまいました。 みやじの声、ストレートな歌詞、ホントカッコイイです! 騙されたと思って2・8・10を聞いてみてください!!

    エレカシを敬遠していた私のような人にも聞いてほしい エレカシの名前は知っていましたが、癖が強すぎる気がしてろくに聞かないまま敬遠していました。 でも買って良かった。このアルバムはすごいです。 メロディはどこか懐かしく、ストレートな言葉はぐさっと心に突き刺さります。 曲の中に出てくる悩みや悲しみや情景に共感します。 深い部分の傷を癒してくれます。 聞く人への愛情を感じさせるアルバムです。 「こうして部屋で・・」から「リッスントゥザミュージック」への流れを是非聞いてみてください。

    新たなる頂 エレファントカシマシのニューアルバムはこれまでの彼らの歩みを総括しながらも メロディ、楽曲、ボーカル、アレンジ総てにおいてステップアップしたネクスト レベルの出来となっている。ともすればコマーシャリズムに陥りやすい中、彼らは 本質を見失うことなく上質のロックアルバムを作りあげた。 個人的にはユーミンのカバーである「翳りゆく部屋」は宮本の素晴らしいボーカル もあってオリジナルと遜色のない仕上がりになっていて感動した。

    嬉しくて涙が出ました!! どの曲も聞き応えのある最高の出来で素晴らしいです。 エレカシの場合、最新アルバムが常に最高であり、言い換えるなら毎回最高記録を塗り替えているかの様です。 失礼な言い方ですが、結成20年を向かえようやく大人になったようですね。(いろんな意味で) とにかく一人でも多くの人に聞いて欲しい!! 感動のあまり支離滅裂な文章で申し訳ございません。 絶対おすすめです!!