• 君が笑うとき君の胸が痛まないように

  • 1600円
  • 1990年10月25日
  • 流行りの曲や色々な曲を聴きますが、ふとした瞬間にマッキーの曲を聴きたくなります。メロディや声、綺麗な歌詞に何度も心動かされ、気持ちが落ち着きます。やっぱりマッキーはいいなぁ!その一言に尽きます。中でも『桜坂』が一番好きでオススメです。

    ここから始まった、という感じ 3や5、そして10などは当時もすごく印象に残っています。 ほんとうに心に残るメロディと、心に残る詩を作るのが上手い人だと思いました。

    隠れた名盤です 何を隠そうマッキーの1stアルバム。 「どんなときも」でブレイクする前の作品で、 当時「NG」PVを見た時、何者?と思ったのを覚えています。 名前を忘れ、アルバムを買えずにいた頃、 「どんなとき」がブレイクし、「あ~あの人!」と思ったものです。 いわゆるマッキー節が開拓される前の作品で アルバムの曲に一貫性は若干無い感じがあり、 全体的にはしんみり哀愁漂う曲調が多いのですが、実に名曲揃い。 若さの中にある勢いが感じられ、僕はこのアルバムが最も気に入っています。 名曲RAIN DANCE MUSIC、 「どんなときも」の後、シングルカットされる北風の オリジナルバージョンも収録。 隠れた名盤といえるのです。 何故か1stアルバムなのに本人の顔写真が一枚も無いという・・・・・ ルックス的に厳しいと思ったのかな。