• 新しい季節へキミと - EP

  • 700円
  • 2008年10月01日
  • エレカシ・・・ある意味迷走? 昔のエレカシは、生粋のロックバンドだったのに・・・ ちょっとコマーシャリズムに走りすいている感がある。 勿論、売れないといけないのは理解できるが、 正直、最近のエレカシの曲は 万人受けは、するでしょうがどうかとも思う。 悪くはないんですけどね。 もっと、「バンドサウンド」としての方向性を追求して欲しい。 僕はソロかと思いましたしね、PVも含めて。

    解放へと続く疾走感 静かな力強さと緊張感に満ちたA、Bメロから、光が爆発したような輝きと開放感にあふれる、サビへと続く疾走感。 初めて聞いたとき、その美しいメロディーと宮本さんの歌声に込められた強いメッセージに、鳥肌が立ちました。 人の心を動かせる、そんな力を持った名曲だと思います。

    良くも悪くもPOPです! 昔から良いけど、最近のエレカシは特に良い! 良いレコード会社にめぐり会えて良かったな、と思います。 次のアルバムも期待しています。