• LION & PELICAN

  • 1650円
  • 2009年03月25日
  • ハートブレイクホテルといっしょだ。 俺のことを天才と歌っているがそっちだ。声が高い。ジェイルのようだ。真似をするな。今すぐハートブレイクホテルにしたい。毎晩崇は、ハートブレイクホテルをかけている。声だ。最高だ。ビーのイエスタディからだ。楽聖Lから陽へ。

    人気低迷期の最高傑作! この約2年後に9.5カラットで第二期 陽水ブームを迎える訳だが、 人気低迷期最高傑作はこのアルバムじゃないかな? 名曲とまどうペリカン、リバーサイドホテル。 個人的に好きなカナリア、愛されてばかりいると など名曲揃い!

    背中まで45分 この曲なかなか幻想的で印象に残る曲でしたので30年たった今DLしました

    永遠の恋と瞬間の愛 耽美で退廃なムード、アンモラルな匂いを漂わせながらもどこか格調高い雰囲気。 エロスに抗えない人間の脆弱性までも歌う陽水の知性と感性に脱帽。 天使と悪魔のせめぎ合い。 当時、沢田研二のアルバムに楽曲提供しながらこの完成度。 質の高い陽水のアルバムの中でも特に評価が高いのも頷ける。

    ワカンナイって 宮沢賢治の「雨ニモマケズ」が、陽水解釈だとこうなる。 稀代の詩人の競演とも言える作品。 でも、「君の言葉は誰にもワカンナイ」って、「今の若者には理解できない」って事かな? この当時でそうだったんなら、今はもっとワカンナイだろうな。

    陽水イズムが集約したアルバム 私は、このアルバムが一番気に入ってます。 このアルバムには、透明感の中に井上陽水の静と動がちりばめられています。

    この頃は上り調子で充実していた 同時期にリリースされた全曲陽水作品の沢田研二『ミスキャスト』と共に、当時は数え切れないくらい聴いた記憶がある。代表曲も多いがそれ以外のレベルも高い充実した作品。