,さだまさし,楽曲”>

  • 私花集<アンソロジイ>

  • 2300円
  • 2006年07月12日
  • やはり「檸檬」、御茶ノ水は青春の街 「君はさだ派?」、「あなたは千春?」そんな会話が蘇ります。 相手に合わせて話題を変えるテクニックが必要だった時代です。 このアルバムには2つの檸檬が収録されています。 アルバムバージョンとシングルバージョン。 アレンジが違うのはもちろんですが、歌詞が異なる部分があります。 「あっけなく」と「できるだけ」。 私は後者の方。あなたは?

    主人公以降が正しくなりました さだまさしの昔の曲の方が好きです。このアルバムの中では主人公が一番好きですが、案山子もいい曲だと思います。 全般的にストリングスのアレンジが好きです。アレンジャーがいいからでしょうね。

    曲名が…… 「加速度」がふたつになっている。以降、曲名と実際の曲が合っていない。 アーティストに対し失礼だと思う。