• 君は太陽 - Single

  • 450円
  • 2009年01月01日
  • 歌詞が怖い😱 だからと言って買わないのは損損! オケラもライトリスナーでも試聴してほしい

    溢れ出しそうなよくわかんない気持ち ってくらい最高です 胸が温かくなるし 元気もでるし うちわ最初の出だしが 最高に好きです

    スピッツ最高!! さすが正宗殿と言う感じです ^^

    元気がでます♪ 天気の良い日、この曲を聴きながら会社に向かうのですが、足取りも軽やかになります。 スピッツの「しっとり」した曲も良いですがテンポの良いこの曲は、楽しくなる一曲です。 おすすめです♡

    おおお↑↑↑ 超イイ曲ですよね~!

    いいけど・・・ への字にしてる の後のテンポがもう少しよく出来たんじゃないかなぁ

    しける!!!!! 幸福実現党=超最高!!!!!!!!!!!!!!!!!!

    まぶしい光が嬉しくて 今回も歌詞が良い!「理想の世界じゃないけど 大丈夫そうなんで」。……そうなのだ、『オケラ』でも描かれているけれど、現実は「しょっぱいスープを飲」むような毎日。けれども、なぜだかどうやら自分は生きている。「崇高なる願望」と「ちょっと妄想」をオカズにしながら、何も無かったように高笑いして青い芝生を転がってゆくのだ。笑い疲れて見上げれば、真上には太陽がある。スピッツが開け放った窓の光があまりにも眩しくて、ついつい何度もリピート、リピート。聴いているだけで嬉しくなっちゃう大名曲が誕生です。やったぜ、スピッツ!

    見透かされたくない 全体の疾走感とは裏腹に、「なるほどそうかそうか」とか、「斜めった芝生」とか…… 随所に“生みの苦しみ”が見受けられるような。 ベタな中に、ひねりというか、一味足してる、そんな感じです。 それこそが、スピッツ節、というやつなんですけど(笑)。 だから大好きなんだなあ、と実感。

    変わらぬ魅力=ぶれない凄さ こんなバンドもなかなかいない。この変わらなさというか 俺が、18年くらいまえに初めて深夜放送で聴いたこのバンドの インパクトがいまだ、同じ感覚で味わえるなんて!正に奇跡です。 また、ライヴ観たいな。来年は、ライジング・サンに出て欲しいな。 オケラはタイトルに反して、スケールの大きい歌詞、曲だなあ。 これは、運命の人の時も思ったんだよなあ。ホント、ぶれないわ。

    映画「ホッタラケの島」のイメージにピッタリな歌です! 映画「ホッタラケの島 ~遙と魔法の鏡~」を観ました。 エンディングでこの曲が流れた時には思わず目が潤んでしまいました。 さすがスピッツですね! 幼い頃に大事にしていたけど今はどこかに忘れてしまったもの・・・私にも心当たりがあります。

    待ってました~!! 映画『ホッタラケの島~遥と魔法の鏡』のCMを初めて見たとき、コレ絶対スピッツだ!と思ったときから発売されるのをずっと待ってました。 曲調も良いけど、自分は歌詞がすごく好きです!スピッツワールド全開ってカンジです! CM見て、良い!と思ったら絶対ダウンロードすべきですよ~

    いまひとつ もう少し何かが欲しかったです。悪くはないのですが、キラキラした感じがないのが残念。次回作に期待します。

    蛾になって オケラになって 「本当に必要かどうかそぎ落としていって 残ってたのもは身体だけ」 「オケラ」にこのような歌詞が出てくるのですが、これは今回のシングルにおけるスピッツに当てはまっているなと思いました。すなわち、両曲ともアディッショナルミュージシャンなし。キーボードすら入ってなく、さらに「オケラ」においては亀田さんがプロデュースせずに約10年ぶり(?)にスピッツのセルフプロデュースになっています。 さて曲のほうですが、「君は太陽」はさざなみCD系統の夏を感じさせる爽やかな曲で、しかしながらここまで演奏がアグレッシブなのは(特にベース)やはりスピッツらしいなと思う一曲です。「オケラ」のほうですが、曲名からは初期の頃のようなアコースティックでシュールな曲を予想していたのですが(「ビー玉」にも「オケラも鳴いていた」という歌詞がありますし)…ドラムから始まるイントロを聴いた瞬間その予想が大きく裏切られました。そして続く2台のエレキギターで弾かれるハードなリフ。かっ・・・かっこいい!!!「オケラ」という間の抜けた曲名からは予想もつかない「惑星のかけら」を思い出させるようなへヴィでハードな一曲です。 もっと自由になったスピッツ。このシングルは本当に快作です!!

    アルバムいつかな〜?? 相変わらずハズレなしの草野ワールドなポップチューン。 せ〜なかをぐうっと…の所に1番スピッツらしさを感じた。 聴くと元気になる。Cメロ〜間奏が好きです。

    待ちに待ったよ~ 「君は太陽」いい曲ですね~  風を受けながら車走らせたくなる曲です! オケラは久々にロックですね~ 結構好き 惑星のかけら思い出した^^

    カップリングも更にサイコー! 聴いてみてわかると思いますが…「君は太陽」も聴いてみると彼らの変わらない何かがいつも必ず感じられます。 この疾走感は映画のタイアアップ曲だけではくくれない爽快感です。スピッツは変わらない…今迄も…これからも…。 スピッツのその世界感は…いつも自分自身のすぐそばにある大切な何かを思い起こせさせます。 ♪もう迷わない君と!…よくわからない気持ち♪…っです。 カップリングの「オケラ」が「君は太陽」に勝るとも劣らないヘヴィーチューン。 前奏でやられました。カップリングの「オケラ」はスピッツの真骨頂!です。個人的には「君は太陽」もいいけど… カップリングの「オケラ」が聴きごたえありです。 ♪短めにバット持って 期待を裏切ってエグ過ぎるスライダー 打ち返す…です。 さっすがスピッツ!。