• Boku No Sundeita Machi (The Town I Used to Live)

  • 2500円
  • 2010年06月09日
  • カップリング集?嘘でしょ(笑) カップリング集とは思えないくらいの完成度に見事にノックダウンしました。 自分の中では全部名曲だと思います。 岸田さんが作り出す曲は素晴しいと改めて感じました。 一つの物語のようなアルバムだと思います。 聴き終えたときは満足感で溢れると思います。 間違いなく名盤です。

    マリアージュ 海の向こうの映画のように劇的ではない僕らの毎日に、いつも何かを添えてくれるくるり。 珈琲に、シナモン味のクッキー。ウイスキーに、ほろ苦いチョコレート。何気ない日々には、このアルバムをどうぞ。 僕のオススメのマリアージュです。

    名曲揃い 東京在住の私は、つい先週京都旅行に行き、 思いがけずも206番バスに乗って、 「うぉー!『京都の大学生』やんけ!!」 と友人そっちのけで一人興奮しておりました。 ああ、くるり、なんていいんでしょう……。 すてきにうっとりです。

    できればそっとしておいてほしかった曲々。 「青写真」を聞くと、いまだに心がざわついてしまう。

    おおきに ありがとう 「東京レレレのレ」は、くるりの最高傑作といまだに信じて疑わないわたくし。 百万遍あたりを思い浮かべる「京都の大学生」(パリまでは行かないけど) 市電に乗って「踊りませんか次の駅まで」 最高のビートの「かもめはかもめ」 ほんと、やっときましたね。 みなさん!京都の星「くるりワールド」へ!!!!!入っておくれやす。