完成度の高い1枚 歌唱力が磨かれつつある頃のアルバム。 曲の構成が秀逸なので通しで聴かれる事をオススメしたい。