温かいメロディー♫ 1970年に公開された映画 「ひまわり/I Girasoli」を想起させる楽曲。 ストーリーの中で映像と共に輝くサウンドでしたが、映像の中でもたくさんのひまわり(黄色)に囲まれるシーンがあって、人生の「光」「希望」「転機」⇒人に喜びを与えたいという(ひまわりの花言葉も含めて)メッセージ性を感じたんですよね。^^ #14/Traumerei は子供の健やかな寝顔が情景に浮かんで表現されている。 昼下がりの夢現のようなイメージ。

買って正解でした(^ ^) ガールズトーク、 毎朝、窓を開けて 一日が始まる時に 聞いています(^^) とても和み、 一日中の気力を 与えてくれます(o^^o)

癒し最高! いいメロディ( ´ ▽ ` )ノ こういうメロディにラップとか加えたらヤバイと思うんですけど‼ R&B風にしあげて歌ったら!斬新‼

これはクラシック? これってイージーリスニングじゃないですか?クラシック部門で葉加瀬太郎が一位だったら今までの偉大なクラシックの作曲家は何でしょう?ブラームスの交響曲1番やラフマニノフピアノ協奏曲2番より優れているとは、とても思えませんね。そもそもクラシックファンが、どれだけ、ここに居るんでしょうか。

「ひまわり」 やはりいい曲ですね NHK朝の連続テレビ小説「てっぱん」の主題歌(曲)です。 いい曲ですねえ。何回聴いても飽きませんね。 「てっぱん」の踊りを踊ってしまいそうです。

ヴァイオリンという楽器は。 いわゆる楽曲というものについて、いろいろな区別や分け方があるのだが、ここでは二つの分け方をしてみる。 まず1.曲そのものの魅力で聞かせる曲、もうひとつは楽器の力で聞かせてしまう曲である。 彼の作曲の中で、たとえば情熱大陸などは前者となる。 が、この曲は完全に後者で、曲そのもののメロディーは、あり得るかどうか微妙なぐらい平凡であるが、葉加瀬さんのヴァイオリンにかかると、とてつもない表現力が宿り、 ヴァイオリンの音の美しさ、つやっぽさ、色気によって、ぐっと引きこまれて聞かされてしまうのである。 私は自分で曲を書くならば、こういう曲は書かない、というより書けない、それは彼ほどヴァイオリンの魅力の深みを知らないからである。 そして同時に言えるのは、ヴァイオリンに対していかに彼が深い理解をしているか、また、いろいろなアプローチをしてみて、これでも成立するのではないか、他の日本人プレーヤーには、これでは成立させる力がないのではないかというしたたかな計算が見え隠れしている。 もちろん彼の演奏を聞いてしまえば、マネをすることはたやすく出来るレベルなのだが、曲を作るという点から見ると、一言「やるなあ」という感想になる。 ヴァイオリンの力強く、それでいて甘い音色や表現力に富む居心地の良い曲で、きっちり聞くのもいいし、聞き流せるBGMとしても成立している。 私はこの音色にジプシーの色を見る、そして彼が他の日本人ヴァイオリニストに向かって、「こんなんできますか」と笑いかけているようにも感じあるのである。 凡庸な内容の曲なのに、名演奏といったところが私の評価である、そして彼の狙いでもあるのではないかと思う。

朝にこそ聞くべき曲 毎朝この曲をオープニングで聞く度に、ある時は心洗われ、またある時は涙を誘われ...。その日その日で違う感動がある曲です。オススメです!

ひまわり このアルバムの4曲目の『ひまわり』は、現在NHKの朝の連続ドラマ「てっぱん」の主題歌として、 日曜日以外、毎朝聴いてます。毎朝聴いても、いや聴けば聴くほど胸にじわーんとしみるいい曲です♪ いろいろ探して、ここで見つけて即購入しました! 大好きな曲です♪