• The Best of Quruli / Tower of Music Lover 2

  • 2200円
  • 2011年06月29日
  • いい曲ばかり! くるりさんの曲は本当に良い曲ばかりで聴いてて癒されます!僕はよく心を落ち着かせたいときに聞くのですが聴いていると落ち着き過ぎて眠くなるくらいです! くるりさん!これからも良い曲まってます!頑張って下さい!

    自分をリセットしたいときに 決してマネできない雰囲気を持つバンド、くるり。優しい音楽に心が洗われます。

    カウントダウン スペシャのPV見たのももうずいぶん前で、魔法のじゅうたんだったと思うんですが。結構アーティストさん側だと凝った内容のドラマチックな映像とかもありな中、たとえば恋愛PVだとかスポ根PVかぐらいのってことですが、岸田さんと佐藤さんのオンステージってところが正直ウケました。で、アルバムの方なんですが、このジャケットの写真って、その有名写真家さんとかいう意味の評判じゃなくても、いい写真ですよね。京阪七条駅近くの鴨川でしょうか。それと、海外だとNINのトレント・レズナーさんに代表されるゴスなアーティストっているじゃないですか、一応ビジュアル系に分類されるんでしょうかね、でも、ちょっとそういうゴス感も求められてるなって気はしていて、その波を、ゴス波をですね、どう乗り切るかってところがTOML2の聴き所かなと思います。あと、音というかエンジニアリングなのですが、単刀直入に申しますとシャツを洗えばの事です。二つあります。おそらくギター三本かそれ以上がODされている事と思うのですが、この曲に限って定位がおかしいです。ビートルズのロングアンドワインディングロードの定位感で言えば、Lがストリングズ、Cがクワイア、Rがブラスと割り振られていて、これとよく似た印象はあるんです。ところが、シャツを洗えばのCのギターに関して、単純にR側に寄ってしまっている事がまず一つ。この二本は曲終わり4:00.00から本体スイッチングのノイズが挿入されているんですが、そこのところで、今言ってる変な定位に気づきました。 そして、RのギターもこのCのギターとよく似たフレーズなのですが、残念なことにRのギターの倍音が凄いノイズに聞こえてしまってます。具体的に言うとサビ前の青空を~愛していたネの部分ですね、新しいシャツも~あるけれどの部分です。曲調も明るくて楽しい気分になる気はしますが、逆にちょっとハメを外したかと疑いたくなるような有様です。 アルバムとしては、ジュビリー、奇跡は、もちろんです。思わず高い評価をしてしまいましたが、間違いなくマストですね。くるり、ナイス・ファイト。

    お気に入り 休みの日ずっと聞いています。。

    よかです。 旅の途中をずっと聴きたいと思っていたので良かったです。 内容も充実していて非常によかです。

    最終列車 映画「奇跡」の劇中で歌われていて好きになりました。 くるりの音楽 やっぱりいい!!