• メモリーズ/放浪カモメはどこまでも - Single

  • 450円
  • 2012年07月11日
  • ロックな一面を世間一般にしめした楽曲 ロピンソン、チェリー、空もとべるはず。 スピッツといえばこの3楽曲といわれるようななかで それらのスピッツにまったく興味がなかった時に このメモリーズ。 当時これが発表されたときにスピッツに対してのイメージを覆され いまでもこの曲が(というよりメモリーズカスタムが、が正しくなるのですが)ライブできけるたびにテンションがあがってしょうがない。 この曲がシングルできられなければスピッツにはまることはなかった(もしくはもっとおそかった)と思える楽曲です。

    ノリノリな一枚 一度聴いたら忘れられない「メモリーズ」。さらに歌詞を知って、より深くスピッツワールドに沈められる名曲。 「放浪カモメはどこまでも」は明日も頑張れる気持ちにさせてくれる。