• フェイクファー

  • 2100円
  • 2012年07月11日
  • 最初は受けつけなかったアルバム 聴いていくうちに好きになってゆくタイプのアルバムです。 このアルバムの批評でよく見受けられる意見として、 「楓が入ってるアルバム。」 「フェイクファーが名曲。」 「中盤で飽きる。」 等々ありますが、全て事実です。 ただ中盤の飽きは、アルバムを聴き込むに つれて無くなって行く筈です。 中盤の曲達こそ、当時のスピッツの音楽的方向性の模索具合が感じられる作品だと、 今になって言うことができます。

    これは耳キーンなるわ いい曲とイマイチな曲でバラつきがあるけど、フェイクファーとセンチメンタルのオンリーワン感が異常

    色褪せない作品! スピッツらしいメルヘン・ラブストーリーだけど、秋の訪れ(美しい光景)をイメージさせる楽曲だ。 ヴォーカリストの声質・歌声に「清涼感」があるから恋愛をテーマにしても内容がポイントなのかもしれない。Ex.「片思い」「失恋」 女性・男性アーティストも感性が優れていても作詞のスタイルがフレキシブルでないと時代錯誤になってしまうのが現実です。 プロモーション戦略として「渚」のCMタイアップはベストだったけど「楓」はドラマのジャンルやシーン(劇中)をしっかりセレクトしないと成果は期待できない。 Ex.「粉雪/レミオロメン」「さよなら大好きな人/花✳︎花」 Ex.「恋に落ちた人魚/アリス・ホフマン」の原作を映画のシナリオにしてスピッツが主題歌を書き下ろすと相性がいいように思える♪(^ - ^)

    リコシェ スピッツの音楽はこの中に全て詰まっている、 ハチミツではない

    各作品を切り離して考えると受けとめられるのですが  スピッツ全作をリアルタイムで聴かせていただいてきましたが、なぜかこのアルバムには「のめりこむ」ことができず、「冷たい頬」と「運命の人」のみ聴いていたことを思い出します。  アルバム全体の焦点が定まっていない、とどうしても感じてしまうので、、。

    運命の人最高!

    大好き! フェイクファー、切ない感じとかわいい感じのするすべての歌が好き。音はスピッツらしいかっこよさです。

    とうめい スピッツの透明感。大好きです。 優しい乳白色のジャケットがアルバムの雰囲気そのままです。

    私のNo.1ソング❤ 『楓』はいつ聞いても好きです。せつないけど私の心にグッときます。フェイクファーもオススメです\(^o^)/