• ONE NIGHT ACOUSTIC RECORDING SESSION at NHK CR-509 Studio

  • 2200円
  • 2012年09月19日
  • やさしくなりたい 家政婦のミタを思い出す!いい!

    これはアコースティックライブなのか? 単純に疑問です。

    ライブアルバムの在り方を見直す時期なのかも 斉藤和義って意外とライブよりCD向きなのかもとか 思ってしまった時点で、この企画は失敗だったんじゃないでしょうか。 パッケージされた音の中に「生はもっと凄かったんだろうなあ」って思わせる 魅力の残骸がないんだよ。 きっとこれからライブCDが増えていくと思うんだけど こういう、ただ録音しましたってだけじゃ駄目だと思う。 ま、その辺はアーティストとメーカーの皆様が 手を取り合って考えていくとこだろうから任せるとして 中島みゆきの「蕎麦屋」は全然駄目。 自分に似合うだろうなって曲を選んでるだけでしょ。 歌い方も雑だし、志が低いよ。

    駄作 今までの斉藤和義の作品のなかでこれほど駄作の極みを突いたアルバムはないです。 変わって行く必要はあるでしょうけど、これは退化したか行けない方に進んだ気しかしません。

    歌唄いのせっちゃん 同じ曲でもコンサートごとに、またCDでも録り直す度に違った曲になるのが斉藤和義さん(せっちゃん)の歌の魅力かなぁなんて思ったりします。勿論聞き手である私の心の中の変化や、周りの環境の変化、時代の変化もありますが、せっちゃん自身がまさに”今”感じていることをダイレクトに歌に乗せて聞き手に届けているが大きな理由な気がします。 彼の脱力感の中にある、一貫した筋のようなものが大好きです。個人的にはせっちゃんの曲は特に夕方から夜に聴くのがおすすめです。

    斉藤和義最高!!!!!! めっちゃいい!