• 変身

  • 2100円
  • 2012年10月10日
  • 乾いた音響に吹かれて チャットモンチーというバンドの才能の深さを思い知らされる恐るべき作品に思います。どこかのんびり、ゆったりした印象を私に抱かせていた彼女たち。そのような先入観をあっさりと覆される、まさにロックの醍醐味を存分に味わわせてくれる快作です。一聴すると、どこまでもマイペースに彼女たちのフォーマットに則った良曲がずらりと並んでいます。しかし、よく聴いてみると今作に於ける音響からもたらされる乾いたサイケ感、これは一体何なんでしょう。邦楽から得られるサウンドプロダクションとは異なる印象です。この音の感覚は洋楽から得られる印象に近い、と感じます。これは、音数が単純に少なくなった事からもたらされるのか?乾いた生楽器の演奏感のダイナミズムを前面に押し出し、それでいて音圧を増幅させるプロダクションを主体として構成された楽曲群に感じます。音の一粒一粒に密度の濃さというか弾かれた音からの残響感には、強いて例えるならアメリカのバンド、フレーミングリップスのアルバム「The Soft Bulletin」で聴かれる音圧に近いものを私に想起させます。前情報によると、今作は彼女たち自身によるセルフプロデュースによるものだという事です。いずれにせよ、このサイケ感溢れる乾いた音圧から私が抱くのは彼女たちの才能の懐の深さです。彼女たちに対して、メディアでもてはやされているガールズ・ロックバンド、のような先入観をもった方には是非聴いていただきたい。日本の邦楽から得られる音楽とはまた一味違った、どこか世界を意識して製作されたような今作にかける彼女たちの意気込みを実感できる快作に思います。

    メジャーもアングラもどーでもいい これまでのチャットモンチーに興味なかった者です。勿論聞こえてきたことはあります、ラジオで街で、僕にとってどうでもいい音楽でした。ふとした時ハテナが聞こえて震えました、その後このアルバム聴きました、洋楽も含めて最先端の恰好いいスリリングな音楽だと思いました。全曲。変身したんだなと思いました。これまでのアルバムを聞く気はありません、何故ならこのアルバムのうちどの曲が聞こえても僕はファンになっていた自信があり、そして今まではファンになってないからです、詳しくないけど歌い方まで変身してる?これまでのファンの方に失礼な事は承知です、でも音楽が無いと生きられない全ての人々に響く音楽だと思います

    若返った感。 二人のワクワクが伝わってくる一枚。 音の少なさや全体を通したもったり感はどうしても否めませんが、それを補って余りあるほどの勢いを感じます。突き抜けてます。 中でもきらきらひかれとウタタネは名曲。

    うーん 個人的には3人のときのほうがすきでした。インディーズっぽくなった、そんな感じ。だけど頑張ってる感じはわかります。そんな曲がたくさん詰まってるアルバムです。

    バリューダウン感、、 いい意味でインディーズっぽくなったんだけど、やっぱバリューダウンしたと感じる。 あっこさんのベースの音が好きだったし。脱退しかたないとしてもドラム転向じゃなくて、ベースそのまま続けて欲しかったかなぁ。

    へんしーーーん!! もともと大好きだったチャットモンチー まさかのドラマー脱退にショックだったし不安だったけど チャットモンチーは強い!! 3人でも2人でも私は応援し続けます!

    徳島から 2人になっても変わらんと応援しよるけん がんばりーよ

    「これから」を見つめる二人の決意 彼女たちは振り返らない。「これから」を見ていくんだという覚悟に満ちている。その圧倒的なパワーに胸が熱くなる。きらきらした言葉やメロディに涙がこぼれそうになる。これぞロックンロールだわ。

    変身 チャット大好き! 3人でも2人でも大好き!

    魔法がかかってる 2人体制になって初めてのアルバム。苦しい状況を物ともせず、そうあるべき姿を模索した結果がコレだったとしたら、それは奇跡に近い。新体制でのライヴを一度でも目にした事があるれば、プロのバンドとして大きな欠落を抱えてしまったと誰もが確信するのだが、彼女達は決して諦めない。今の形がまるで最初からそうであるかのように踏ん張り、今まででは決して到達できなかった領域に颯爽と踏み出す。このバンド自身が怪物であるのと同時に音楽の神に最も愛された存在と確信できる1枚。

    へーんしん!! 新体制のチャットモンチー応援してるよ(^^)



    2017 上半期ヒットチャート