• Intro.

  • 2100円
  • 2005年11月01日
  • 懐かしさとともに VocalistとVocalist2を購入した後、久しぶりに聞いたら、やっぱりこの頃から歌はうまかったんだな、って感じます。 でも、やっぱり20年の歳月の間に変わったものも感じ取られ、彼の人生を感じさせられます。 個人的にはやはり名盤だと思います。 今だからこそ聞きたくなる、そんなCDです。 個人的には「さよならの言葉」が小さいときに母の車で一番にかかる歌という理由からかとても気に入っています。