• Odyssey

  • -1円
  • 2005年09月21日
  • ジュピター最高!! すべての曲、とってもすてきです。 でも、特にジュピター。 歌詞聞いてみて下さいよ!! ほんとに良い曲です!! 他の曲も静かな気分になりますね。 気分が荒れてるときに聞くのがオススメです!! とってもぃぃですよ!!

    Skool for AH!! 今さらですがこのアルバムには歌手・平原綾香がギュッと詰まっていますね。特にこれまでファンというわけではない僕が一番のお気に入りは、9曲目(タイトル曲)です。出会ったのはテレビ番組のエンディングで、少しずつ確実に好きになっていた感じです。ぜひチェックしてみてください。

    なぜ、なぜ? 1曲ダウンロードができないのだ?蘇州夜曲「だけ」欲しかったのに。何のためのネット配信システムなんだろう>Appleさん。低音質のアルバムが2200円なら、3000円でCD買ったほうがはるかにいいよ。 -- 2006.1追記。上記のような状態(2005.10ごろ)から、一時期のPartial Albumを経て、全曲の個別DLが可能になった。こういったコメントに対処して(?)改善されたことは素直に評価したい。 が、アルバム買いは2500円に値上げ。。権利関係の調整があったのか、裏事情はわからないが、けっこう短期間でユーザーには利益・不利益が生じる。その辺、たとえばその時点ではなぜ切り売りしないのか、なぜPartialなのか、それは将来的に解決する努力をしているのか、といった過程情報も包み隠さず公開されていると、よりユーザーにとって親切なのだけど…難しいのかな。

    二人の平原綾香 たぶん肉声とほとんど同じ平原綾香とミュージシャン平原綾香がいる。1が前者のシングルカットだけれど、「ジュピター」および2~4のような平原綾香オリジナルは1とは全く関係がない。オリジナルは明らかにスティング志向である。「ジュピター」の歌詞は本人ではないがわたしを呼んだならどこへでも行くわ」は、スティングの「セット・ゼム・フリー」の歌詞そのものだ。その後カバー中心になってしまって、等身大の平原綾香的なプロモーションがされていないか疑問だ。まだスタイルも定まっていないけれど、このデビューアルバムはミュージシャン平原綾香の可能性の大きさを聴いてとることができる。そこには「恋する乙女」平原綾香ではなく、日本ではちょっと考えられないスケールの才能の萌芽を見つけることができる。曲によってばらつきがあるから全部聴けとはいわないが、純粋オリジナル作品2,3,4,8を試聴してミュージシャン平原綾香を評価するようになってほしいと思う。

    シングル2曲はいいかな。 全体を通して聴いてみることで、アルバムの完成度を理解できるとは思うので、 すべての曲がバラ売りになっていないことに対してクレームしている方もいらっしゃる とは思いますが、とりあえず全部聴いて欲しいのかな、って思いました。 シングル2曲は聴き慣れていることもあり、何とも思わなかったけど、他の曲は うーんって感じでした。いろいろなことに対してチャレンジしてみようとしていて それはそれなんでしょうけど、聴き終わって思ったことは、一回聴いたからいいかな、 っていうことでした。残念ながら自分には合わなかったってことで。。

    ダウンタウンさんにデコを真っ赤にされてましたね。 まだ、2曲やろ moraさんは入ってへんぞ 俺はちょっとアカンね。好きな方はどうぞ

    公開の仕方に一言 アルバムに収録されている曲はどれも本当にいいです。 ただ他の方もレビューで書いていますが、何故2曲しかロード出来ないのですか? 結局私はツタヤでレンタルしてしまいました。 これから音楽配信を広げていこうとするならば、このようないい曲達をロードさせないでどうするのですか? アルバムの内容がいいだけに、このうような処置は残念です。(アーチストの希望なら仕方ないですが・・)

    Jupiterを歌う あやちゃんにほれました。 古い 蘇州夜曲もいい 本当に歌唱力がある歌い手だと思います。