• Debut

  • 1500円
  • 2005年08月24日
  • いいね 自分が学生だった頃(80年代)の曲をずっと普段聞いていたのですが、このアルバムを聴いてあまりの気持ちよさに、買いました。 澄んだ伸びのあるヴォーカル、それに合わせたようなリズム感ある曲構成がなんともいえません。気持ち良すぎます。

    ジャケが… ビョークの一枚目のジャケみたい^^ おしゃれ^^

    一曲目聴いて瞬間的に落ちた 土岐麻子が好きになるきっかけの一枚がこれ。 予備知識0の状態で興味本位に聴いたのが、一曲目で、・・・ん1? 二曲目で、んんっ!?と引きこまれ、その魅力の虜に。 「私のお気に入り」 を書いた彼女の作詞センスには脱帽。最初は何言ってるんだろう?と思って聴いてたけど、何度も繰返し聴いて歌詞カード見て意味が理解できたときは感動した。 独特な感性というのはこんなに素敵!と感じさせてくれる歌手。

    ビルボードライブを 土岐麻子、一昨年の夏フェスで初めて聴いて以来、すっかりファンになりました。 昨夜のライブでは感激しました。 ちょっとだけ、本人がぷっくりし始めているのが心配でしたが…Debut素敵です。

    Excellent! 久々に凄いアーティスト見つけました。願わくば、大ブレークして欲しくない、、、このまま、自分だけの宝物にしていたい。こう思うのは私だけではないでしょう。英語は決して凄くないけれど、きれいで聞きやすいし、何よりも妙にNativeをまねしようとしていない所が好感持てます。メロディーラインもとってもJazzyで好きな人にはたまらないし、そうでない人もきっと一度聞いたら病みつきになるのではないでしょうか。 とにかく、Excellent!

    大好きなあの子に聴かせたい 明日を父の日を控えたオヤジがITMで見つけた宝モノ。彼女の存在も歌声もCymbalsの"I'm biliever"も全部、今日知りました。脳天に抜けていく歌声が胸に残す不思議な気持ちが微妙で、クセになりそうです。大好きなあの子に聴かせたいと思いました。

    オリジナルも(・∀・)イイ! タイアップ曲が期待したものとちょっと違った感じだったので、正直「どうなのかな」と思っていましたが、オリジナルとしては初のフルアルバムとなる今作は期待通りの出来。 失礼ながら、土岐さんにはこんなメローな感じの路線で突っ走ってもらいたいって思うのは、やっぱりわがままでしょうか? 安心してアーティスト買いできるよ、って周りのみんなにもおすすめできます。 これだけ肩肘張らずに安心して聴ける歌い手さんって貴重なのでこれからも期待してます。

    落ち着きます Cymbals時代の歌声と同様,とても落ち着くのです。Cymbalsのアップビートな曲でも似合わないかなと言うすれすれの歌声ですが,不思議と落ち着いてくるのです。 こういうきれいなメロディの曲の方が土岐さんの声が活かされることがよく分かりました。 正直英語の発音はべたな日本人という感じですが,その発音の悪さがなぜか欠点にならず落ち着きにつながる不思議なアーティストです。

    良いです  バックミュジシャンstaffの(素晴く良く確かな音)しっかりとした音に支えらた歌声は,ゆっくりとクルージングするヨットの様に聞こえました。キュートで癒される歌声、ありがとうございます。

    癒されます 時にキュートに、爽快さ、気だるさと 色んな面を見せてくれる彼女の歌声が実に良いです。 肩の力を抜いてほっとリラックスできるアルバム!