• Listen To The Music 3

  • 2400円
  • 2014年01月22日
  • Rain 大江千里さんのRainを同じ時代の槇原さんがカバーに震えました。

    槇原敬之はホモ 真夏の夜の夢と銀の龍の背に乗ってが同じアルバムに入ってる上に時期も風評被害受けた後だから言い訳できないんだよなぁ・・・

    もう好きなようにやんなさい! 槇原くんは自分で好きなようにレコードを出せる立場になったわけだから、 あとはもう自分の好きなようにやれば良いじゃん! 「マッキーの自己満足カラオケ大会」とか言われてるけど、 その辺のアーティストじゃ数売ってナンボ、所属レコード会社の顔色窺いながら やんなきゃいけないわけだけど、槇原くんは自分で原盤作って、自分で流通させてる ようなもんな訳だから、まー売れなくってもいいわけよね。 これまで作った曲の印税等できっと新曲つくらなくたって一生生活には困らんでしょ。 これからもガンガン突っ走っちゃってください!期待してるよ! セルフプロデュースじゃない楽曲もこれからは聴いてみたい!松たか子さんとのデュエットスゴイ良かったから、他のアーティストとのコラボも楽しみにしてます!

    いい! まっきーの音楽みたいで、アレンジがほんと、彼らしさが出てていますね!!カバーシリーズ大好きです!これが初のカバー作品だと勘違いしてらっしゃるドンマイさんもいるようですが笑

    懐かしい rainがとても気に入ってます。前回より原曲に近い感じです。

    歌ってほしかった曲たち 「この人のこの曲をあの人に歌ってほしい」と思うことが昔からあった。最近カバーアルバムが増えてきているがどれも今ひとつで、カラオケ披露されても... が正直なところ。どれも横並びで辟易。でもこのアルバムは少々違うようで、本人の思い入れが強い曲を揃えアレンジもよく考えられていて「うん、そうそう」と思わずうなづいてしまった。個人的には「キラキラ」がうまいなーと思わせるアレンジ。オリジナルより気に入った。

    選曲はなかなか 相変わらず素晴らしい歌唱力です。力があります。 ただ、アレンジもマッキー自身が担当したほうが良かった気がします。 「このアレンジはマッキーの歌声の雰囲気に合わないな」って曲がちらほら。 真夏の夜の夢なんかもマッキーが手を出せばもっとダークなアレンジになってた筈。 リスペクトしている尊大なアーティスト中心にカバーするのもいいですが、強いて言うなら もっと幅を広げて色んな歌手の曲を歌ってほしいなぁ 笑

    イマイチ このシリーズ一作目のできが良かったため、今回もどうかなと思っていたけど、歌い方が曲にマッチしていなく残念でした。

    山下達郎さん、1曲目をオンエア! 今日(2/2)、山下達郎さんのFMの番組「サンデーソングブック」の最後で、1曲目のMagic Touchがかかりました。 達郎さん曰く、普段はカバーはあまり聞かないそうですが、この曲は槇原さんに合ってます、と仰ってました。 カバーして達郎さんに褒めてもらえるマッキー、すごいですね…!!

    う〜ん カバーアルバム第三弾ですが 個人的には前作、前々作の方がオススメです 選曲に遊びが無いかな、驚きも無いし まぁもう少し聴き込んでみます

    優しい 包み込む様な歌声はマッキーならでは、心をほわっと暖かくしてくれると同時に大丈夫!って背中を叩かれる様な力強さも感じる魔法の声が大好きです!

    爽やか 気分が良くなりました(^○^) お気に入り!

    好きはひとそれぞれ 全てではないけれど、どれか一曲でも自分の心にグッとくるものがあれば、もう心掴まれたような気もします

    高い技術 あまりに技術が高くなると、歌い手がそこで歌っている姿が、見えなくなる。 そのかわり、歌い手が、歌の世界の中に立ち入りその主人公を演じているように見える。 幸せのまっただ中を下り坂を駆け上ったり、 不幸に苦しみながら龍の背によじ上ったりしているように見える。 技術が高くなると、技術自身の姿は、その技術が描く世界の背後に消え去る。 そんな普遍的なことを感じたので、個人的には買ってよかった。 おすすめは「銀の龍の背に乗って」と「卒業写真」と「RIDE ON TIME」と「キラキラ」。

    カバーvsオリジナル 最近はカバーアルバムブームなのか? あらゆる歌手がカバーアルバムを出して、当たり⇔はずれがありますがこれはマッキーらしさが出ていて及第点じゃないでしょうか。 カバー曲を自分の曲のように歌えたら買う価値はあると思います。 対象的に小田和正のカバーアルバムははっきり言って本人の方が遥かにいいので失敗ですね。

    もう終わりにしようよ。 あの事件以降の彼は、未だに自分探しで精一杯なのかなぁ…いいソングライターだったのに残念です。この企画も正直、一作目まででしょう。 最近の目に余るお説教がましい曲も、もう結構。 マッキーが好きだからあえて声を大にして言いたい。僕は彼の純粋なLOVE SONGが好きだし、それを聴きたい‼︎ 社会的なメッセージだって、普遍的なLOVE SONGを通じて、みんなに伝わると思うよ。

    基本的には最高 基本的には最高でしたが、やはりしっくり来る曲としっくり来ない曲があったのが残念。それと、原曲アーティストのバリエーションが、イマイチでした。

    いいね。 懐かしい歌がマッキーで。 いい組み合わせですね。

    安らぐ こんなので金稼ぐのずるいとか言ってる人…笑 音楽は、ビジネス。 それで心の薬になるのなら良いんじゃないか。 音楽は食事と同じ。

    最近槇原敬之好きになりました! 初期のアルバムを付き合ってる人に借りて、好きになり今回カバーアルバム買いました!良いですね〜。

    いいですね、 ホントに槙原さんはいい

    好きな人だからハマるとは限らない それがカバーの不思議なところで。 このアルバムに関して言えば、例えば「ホームにて」なんて 寒々とした冬の駅でこぢんまりと佇む主人公の姿が 明るくハキハキ歌うマッキーのせいで全部掻き消されてしまってます。 ポップス歌いとしては優秀でも、侘び寂びは出せないってことですな。 アルバム全体で言えば、打率は3割ぐらいじゃないでしょうか。 4割が可も凡打、2割は空振りってことで。

    6×3の意味? 18曲のパッケージありきの構成なのかな・・・ 『6人のアーティストの3曲づつ』になっているのが違和感があるな・・・ 『Rain』については、またかよって話だし。 洋楽のカバーだったり、唱歌だったり、知らない曲ってやつがないのはつまらない。 大好きなシリーズだったから、残念。

    わかってるなぁ〜マッキーありがとう(^-^)/ 優しくて、ぐっとくる歌声にマッキーらしさを感じます! 原曲が最高なだけにどうかなぁと思いましたが、流石マッキー‼敬意を感じる丁寧な唄い方で温かい気持ちにさせてくれます‼

    ずるい こういう方法でお金稼ぐのずるい

    カバーでもマッキーワールド全開 カバーなのにマッキーの持ち歌の様に感じてしまう。さすがマッキーアレンジも派手過ぎずいいと思います。