• Vocalist

  • 1500円
  • 2005年11月01日
  • これは めっちゃ心に染み渡る 正直最初の頃は、 カバーアルバムより 徳永英明はオリジナル曲やなって思ってました! でも 徳永英明の過去を知れば知るほど このカバーアルバムの価値がわかると思います 言葉に表しきれない良さがあります。 このカバーアルバムがあるから 今現在もカバーブームが続いています! それから、 徳永英明さんはカバーだけじゃなくて オリジナル曲も出しています タイアップ曲にもなってますよ~

    中原へ カバーアルバムってどういう物か知っていますか?

    微妙(>_<) ダンスは上手く踊れないは断然陽水の方がいい。 あまりにも軽く歌いすぎてないか? しかもどの曲もあっさりとした感じで 微妙(>_<)

    何これ? カバーばっかり。最悪、自分で作れ!

    聞けない ノイズが継続して出てくるので非常に聞きづらい。なんとかならないか。

    ちょっと違和感あり とりあえずLoveLoveLoveと会いたいを買いました。 もとの曲がビッグヒットなので、徳永節になるとちょっと違和感があります。 まぁこれはこれで良いかな。

    良い曲 聴いてみてね

    カバーだからね~

    心にしみる はじめて徳永さんの歌を購入した。 飾らない歌い方がとてもいい。女性アーティストの歌う曲なのに違和感が全くないのはなぜだろう。 ハナミズキで泣いてしまった。これは買いと思う。

    1曲目の「時代」を聴いたとたん、このアルバムの素晴らしさと意味を考えました。 ほぼ同じ世代の徳永英明さん。 僕にとってはあるサッカー番組のメインキャスターを突然降板して…難病指定である「もやもや病」と闘い、カンバックしてきた同世代のちょっとお兄さん、そんな感じで最近メディアを通じて徳永さんをみておりました。 このシリーズ、全部聴きましたので全部お薦めしようと思っていますが、徳永さんのハスキーで声域の高い声だから実現できた「女性の歌う歌をカバーして、男性が男性なりに表現した作品集」となったのだと正直思います。 病も徳永さんにとっては経験になったのでしょうか、1曲1曲の歌詞に込めた1音、1声が非常に心の中にまで染み入ってくるように感じます。 異邦人の非常にラフな、しかし噛み締めるように歌い込む徳永さんの声。また秋桜で聴くことの出来る徳永さんバージョンの静かな説得力。そして、会いたいで聴くことが出来る…まるでストップモーションのような映画を想定させるような感情に頼らず、歌詞の素晴らしさを歌う徳永さんの表現力。 このシリーズ、全部素晴らしいですがまずは最初から。今年のカバーアルバムでは1番ではないでしょうか。お薦めします。

    うーん がんばったと思う! すごくいい曲もあるし! でも最近TVですぎで引くわ。。 アルバムはまぁまぁです!55点!

    しみじみ 全部昔から知っている曲なのに新鮮!何度も繰り返して聞きたくなるアルバムです。

    本来の良さが台無しになっている オリジナルのアーティストの歌唱力によって伝わるものがオリジナルの曲には入っているのに、徳永が歌うことによってアーティストの重いが薄っぺらい物になっている。

    むむう、、普通、、 声は落ち着いて安心するけど、もっと透明感があって高い声を想像してたので、音域も無難で、リズムも無難、アレンジも無難なのに収めたなあという印象をもってしまった。あと、原曲のリズム感が失われてるのが何曲かある感じがする。 シチュエーションによってはこういうまとまりかたもいいのかな。

    奇をてらわない聞き易さ たしかに聞き易いカバーというのは、歌い手の個性が薄い、とも 受け取れますが、楽曲自体に個性が強い、誰もが知っている作品なので それらのイメージを壊さずに歌っている所が私は好きです。 徳永英明さんらしい主張を感じました。 個性的ではないかもしれないけど、温かい気持ちにさせてくれる アルバムでほっとしながら聞く事ができますよ。 カバーは原曲のイメージを壊さないという側面もあってしかるべきと 私はおもいます。

    神から授かった声  見かけたときから手に入れようと思ったアルバムでした。  もともとオリジナルのINTROなど聞いてきましたが、今回のカバーアルバムは今までを凌駕しているといます。  元の曲を元の歌い手の雰囲気や物真似っぽくならずに自分の物として歌いきっているのですが、元の歌い手の雰囲気や節回し、盛り上がるところなどを失うことなく詠っているのが凄いと思います。  電源から外したiBookを自分のそばに置いて、寝るまでの時間に少し暗がりの中でお酒でも飲みながら酔いしれたい1枚です。

    徳永は、不滅です。 卒業写真をまず聴いてください。彼の世界に自然と引き込まれます。 こんなにきれいな、素直な男性ボーカルは、他にないと思います。 私も男性ですが、性別に関係なく、素敵な気持ちになれる歌声です。

    ぜひ聞いてください!! 『駅』はぜひ聞いてください!もう涙が止まりません!

    文句なし 年代を問わず日本の偉大なる先人達が生み出した名曲を聴きなさい。 徳永氏のボーカルも感動の嵐! 聴き終えて想う事は、『日本の音楽シーンは後退しているな』って。

    やっぱいいわ・・・・・ いい曲は、時代が流れても、変わらずいいものですよ。 徳永さんの声でまた名曲が生まれ変わりました。 みなさんもぜひ!

    要試聴… 徳永ファンなら即買いでもいいでしょう。 そうではなく、オリジナル曲に思い入れがある方は、よく試聴して判断してください。 個人的には、「おお、良いじゃないか」が3曲、「まぁアリかな」が5曲、残りは「うーん…」でした。

    カバーじゃなければ良かったのにね 久しぶりに彼のアルバムを聴きました。 昔からずっと好きで、アルバムはほとんど持ってます。 しかし、これはイタダケません。 収録曲は どれも強烈なイメージを持っており、それらをカバーするからには そのイメージを超える何かが必要です。 なのに、これはまるで歌の上手い人のカラオケを聴いてるみたいです。 歌い手が徳永である必然性が全く感じられません。 カバーじゃなければ良かったのになぁ。。

    まさに、タイトルどおり! 聴いてみるとこのアルバムタイトルをつけた意味がよく分かります。VOCALISTの力が伝わってくる作品だと思います。全曲、女性ボーカリストの曲のカバーですが、徳永の透明感のある歌声にみごとにマッチしているなあと思えます。どれも超有名な名曲ですが、元の楽曲と歌い手のイメージを損なわずにしかも徳永らしさを堪能できる作品に仕上がっています。

    全体的にはおすすめなアルバム この人がうたうとこんな風になるんだ〜という新たな驚きがあるアルバムでした。 全体的に、スローな曲調が多いので、後半退屈してきますが、 一曲一曲を取り出して聴いていくといいんじゃないでしょうか。

    心の処方箋 私も特に徳永さんのファンというわけではなかったのですが、このアルバムにはやられました。 病と闘っている人、失恋した人、仕事がうまくいっていない人などつらいことは人それぞれですが、共通していえることはこのアルバムはそれぞれの傷を癒してくれることでしょう。 私は2曲目の『ハナミズキ』が右胸の手術創に沁みました。 ひとつ深い谷を越した一人の男だからこそ、かもし出せる心の処方箋です。

    本当に良かった。 iTunes をインストールして初めて購入した曲です。以前から徳永ファンでしたが、このアルバムは最高! やっぱり良い。彼の世界がまた広がって今後の活躍が楽しみになりました。60歳に近い私ですが、感動してます。

    素晴らしい! 原曲は全て女性が歌っているが徳永英明のハスキーで高い声が繊細で切ない世界を作り出している。昨今カバーアルバム全盛だがここまでよく出来たアルバムはないと思う。 特に彼のファンでなくとも感動出来る素晴らしい作品だと思います。

    徳永英明の良さがにじみ出る1枚 このアルバムに収められた曲の原曲全てを聴いていた年代の自分にとって、聴く前は「どうしても原曲と比較してしまうだろうな」、という思いがありました。しかし、聴いた後、そのイメージはいい意味で消え去りました。徳永英明の、優しく呟く様な歌声は、むしろ原曲よりも詩の持つ意味・・・メッセージを伝えてくれる気がしました。現代に新しく生まれ変わった楽曲たちを楽しめる、徳永ファン必聴の1枚と言えるでしょう。

    いいではないか・・! 最近色々なアーティストが好きな曲をカバーするアルバムが増えていますよね。その中でもこの徳永君アルバムは私の琴線に触れました。選曲もなかなかいい〜彼の声、イメージに合うものですよね。根っからのファン ではないですが、素敵なアルバムに出会った!って感動を得ましたよ。