Yellow Magic Orchestra

トップソングから出題 初級編
トップソング以外からも出題 上級編
配信曲全て出題、間違ったら即終了 全曲編

*音量注意。毎回、出題内容が変わります。
*再生されない場合は、ブラウザを最新のものにアップデートくださいますようお願いいたします。

使用している音源は、楽曲の販売促進のために
iTunes Storeから提供さている試聴データです。

facebook Facebookでシェア
twitter Twitterでシェア
line LINEに送る

週間人気ランキング


楽曲検定一覧


一覧にないアーティストは検索してください。

2NE1 AAA Acid Black Cherry AI aiko Aimer AKB48 AKINO with bless4 angela Aqua Timez AZU B'z BABYMETAL back number BEGIN BENI BENNIE K BIGBANG BoA BONNIE PINK BOφWY BUMP OF CHICKEN C&K Chara chay ClariS Cocco Crazy Ken Band Crystal Kay DAISHI DANCE DEEN Def Tech Do As Infinity Dragon Ash DREAMS COME TRUE E-girls EGOIST ET-KING Every Little Thing EXILE EXILE ATSUSHI EXILE TRIBE FLOW Flower flumpool fripSide FUNKY MONKEY BABYS GACKT GENERATIONS from EXILE TRIBE GLAY globe Goose house GRANRODEO GReeeeN HY INFINITY 16 JAM Project JAY'ED JUJU JY Kalafina KANA-BOON KARA KG Kiroro KOH+ KREVA lecca LGYankees Linked Horizon LiSA m-flo MACO May J. May'n mihimaru GT MINMI MISIA miwa MONGOL800 MONKEY MAJIK moumoon Mr.Children Ms.OOJA My Little Lover Nissy(西島隆弘) NMB48 ONE OK ROCK ORANGE RANGE Perfume RADIO FISH RADWIMPS Rihwa RIP SLYME SCANDAL SEAMO SEKAI NO OWARI SHINee ShuuKaRen SKE48 SoulJa SPEED SPICY CHOCOLATE SUPER JUNIOR Superfly T-ARA T.M.Revolution TEE THE YELLOW MONKEY trf UNISON SQUARE GARDEN WANDS X JAPAN Yellow Magic Orchestra YUI YUKI ZARD [Alexandros] いきものがかり かりゆし58 きゃりーぱみゅぱみゅ くるり さだまさし でんぱ組.inc ももいろクローバー ももいろクローバーZ やなぎなぎ ゆず ウルフルズ エレファントカシマシ キマグレン クリープハイプ クリス・ハート ケツメイシ ゲスの極み乙女。 コブクロ ゴールデンボンバー サザンオールスターズ シェネル シェリル・ノーム シド スガ シカオ スキマスイッチ スターライト・オーケストラ&シンガーズ スピッツ スポンテニア ソナーポケット ナオト・インティライミ ハジ→ ヒルクライム フジファブリック ポルノグラフィティ モーニング娘。 レミオロメン 阿部真央 絢香 安室奈美恵 安全地帯 井上陽水 一青窈 宇多田ヒカル 奥 華子 加藤ミリヤ 夏川りみ 家入レオ 華原朋美 鬼束ちひろ 久石 譲 久保田 利伸 九州男 倖田來未 広瀬香美 高橋優 高橋洋子 今井美樹 坂本真綾 坂本冬美 坂本龍一 三浦大知 三代目 J Soul Brothers 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE 山下達郎 山崎まさよし 柴咲コウ 手嶌葵 小泉今日子 小田 和正 少女時代 松たか子 松山千春 松田聖子 湘南乃風 上白石萌音 植松伸夫 森山直太朗 秦 基博 水樹奈々 菅原紗由理 星野源 清水 翔太 西野 カナ 青山テルマ 斉藤和義 倉木麻衣 大橋トリオ 大原櫻子 大黒摩季 大塚 愛 竹内まりや 中森明菜 中島 美嘉 中島みゆき 長渕 剛 椎名林檎 土岐麻子 東京スカパラダイスオーケストラ 東京事変 東方神起 童子-T 徳永英明 乃木坂46 尾崎 豊 美空ひばり 浜崎あゆみ 浜田 省吾 布袋寅泰 福山雅治 平井 堅 平井 大 平原綾香 米津玄師 宝塚歌劇団 木村カエラ 矢沢永吉 葉加瀬太郎 藍井エイル 欅坂46 氣志團 澤野 弘之 槇原敬之

Yellow Magic Orchestra 試聴・レビュー


2015-08-15 11:23:24 安定・安心・高品質の21世紀の正規版 1978−80年あたりのもろもろ不安定な条件下で、ライヴにおけるコンピュータと人力との連動を、まさに「どうにか」実現していた時期と比べ、演奏は本当に熟れており、音質、パートごとの音色レベルのバランス、音色の良さ、いずれも申しぶんなく、セットリストにもほぼ満足しました。 ただ、30年以上前のその不安定さが、公演ごとの表現の差を生み、リスナーにとってはマニアックな楽しみ方に巾を持たせていたのも事実だったかと思います。 そうした意味では「やや面白味に欠ける」と感じてしまったのも正直な感想です。 本アルバムで特筆すべきは、Track03 の Solid State Survivor かと思います。 オフィシャルにリリースされた音源としては、Afterserviceに収録された1983年12月13日の武道館の散開ライヴ以降、実に32年ぶりであるのが感慨深いものがあります。 曲終盤の Minds blind empty eyes…のサビ(?)のリピートが、1983年のときは三回だったのが、2012年版では二回になっているのも、あっさりせず、かつシツコクなく、ちょうど良いバランスが取れていると感じられたのも二重丸!と思います。
2013-07-15 07:33:26 どことなく北欧っぽさを感じさせる音です ジャケットデザインも、初めは「?」と思ったのですが、北欧とかそっち方面の日用品のパッケージ…洗剤とかお菓子とかそういったものを彷彿とさせてくれていい感じです。聴けば聴くほど曲と合う気がします それでいてきちんとYMOっぽさがあるのが流石です。 決して声高ではないけれど、温かく力強い。 今(と言っても2年前のようですが)、こういう音楽を作れる彼らはとても素敵だと思います。 確かにスタジオテイク版が聴きたいですね!
2012-10-17 04:25:04 是非スタジオ音源でも 今回のこちらの音源はライブの迫力が伝わるワーハピのライブ音源でしたが、是非スタジオ音源でも聴きたいです。 スケッチショウの色を取り込み音楽の聖域に足を踏み入れたYMOを象徴する音源ではないでしょうか? ノイズすら手玉にとって自らのサウンドにする本物のプロフェッショナルミュージシャンYMO。音楽のレベルが散開前に比べ上がり過ぎていて散開前のファンの方がよくそのレベルについていけず批判されますが、私のような若いファンならば必ずいいと思えるはず。
2012-08-08 22:18:09 是非、スタジオテイクを! 本作品のリリースを心待ちにしていたので、配信開始のニュースを聞いて飛びつきました。 で、聴いてみたらWORLD HAPPINESSの演奏(ライブ)じゃないですか! これはこれで良いのですが、スタジオテイク版を聴かせて欲しいと思います。 是非、よろしくお願いいたします。
2012-08-03 21:35:05 他もお願いします。 イモラトリアムおじさんなので、彼ら名義のものなら何でもいいです。 HASYMO名義の「good morning ,good night」や、昔の「2000-20 opening theme」や「winter liwe LOOP」も宜しくお願い致します。
2012-08-03 20:14:59 大御所的。 一聴では、おとなし過ぎや、みんな歳を食ったなあ、と感じる音。二度目と聴く内、なかなかエエやん。静かに盛り上がってゆく。 これが今のYMOか。
2012-08-02 04:39:32 テクノだけじゃない 音色ひとつひとつを一番活きた状態で心地よく聞かせてくれてます。 この音を聞いた全ての人に、オリジナルな世界を連想させる。そんな一曲だと思います。 いずれにせよセンスの塊ですね☆
2012-08-01 16:25:24 物足りない ようやく新譜が出た!ということで悩むことなくダウンロードしました。でもrescueとcity of lightの後だと何か一つ物足りない。曲は内容を考えるといささか長すぎるし、ジャケット写真も個人的にはグッとこない。スタジオ音源じゃなくてライブ音源というのも、あれ?と思いました。(流石に演奏は完璧ですが)もしこの曲がアルバムの中の一曲であれば何も言うことは無かったのですが、シングル曲でこれはちょっと期待外れ。
2012-08-01 08:24:49 テクノポリス2000+12のテーマってことで なんかしれっとYMO名義でリリースされましたが、完全にオリジナルの楽曲がYMOの名前で出るのはTechnodon以来では!? それはともかく、ここ数年のぜーんぜんテクノじゃない、かっこいいプログレッシヴなYMOの集大成という感じの楽曲、 なーんかどこかで聞いたような展開だと思ったら、なんとなくテクノポリス2000-20のオープニングテーマを彷彿とさせてくれます。 ちなみに、曲のモチーフは教授が書き下ろしたと幸宏さんがとあるインタビューでおっしゃってました。
2012-08-01 04:42:19 ワーハピ音源を売って下さい! 昨年のワーハピでTowa君の紹介でこの曲に始り大興奮したのが昨日のことのように思い出されました。 ここまで出してしまうのなら、当日の全ての音源を販売して欲しいです。 あの調子ハズレのBehind the maskもライブならではの愛嬌でしょう(^^;;
2012-07-31 23:13:23 今年も行く。 今年のワーハピの前に、突然何の告知もなく去年のワーハピを思い出させてくれましたね。粋です。 震災後、火の鳥をモチーフにしたワーハピで新曲、曲名はFire Bird。お三方はもちろん、権藤さん、フェネス、小山田君のサポートメンバーそれぞれの持ち味も最大にFeatureされた、まさに去年のYMOそのものを魅せた曲です。暗闇でゆったりと始まり、教授の好きなボレロ的に次第に盛り上がって行き、ライトアップも激しくなって来たところで、これがその新曲と気づきました。 腹の奥に響く重低音の心地よさ、美しい旋律、震災を思って書き上げた教授の思いなど。 夢の島でなんだか目頭が熱くなったのを思い出しました。
2012-07-31 10:30:03 ようやく音源化されたんですね 去年のWorld Happinessで最初に演奏された曲。ん?こんな曲あったっけ? 新曲とわかったのは会場を後にした後。 震災の年に作られたYMOの新曲。お三方のいろいろな思いが詰まっているのだと思いながら、改めて聴き直してみます。
2012-03-03 04:12:01 全く別の音楽みたいだ 「円熟味を増した」などとありきたりな言葉では片付けてはいけない程の変貌を遂げているようで、この30年の歳月は決して無駄ではなかったと実感できます。(やはり再生の10年は早すぎたのかな)やっぱり3人の強烈な個性が対峙してこそのymoですよね。
2010-12-25 09:41:53 文句無し 音の響き 曲を聴いて浮かぶ情景、たまりません。 YMOは現在進行形で進化しているすごいバンド。 めちゃくちゃカッコいいです。
2010-06-12 22:01:56 2曲目は気になった点が・・・?! 私も、某本屋さんで見ましたけど・・・ 「Yellow Magic Orchestra」のコーナーにあったので、「何で??」と思いましたね。 (後でHASYMOの読み方を間違ってた事がわかって、凄く恥ずかしかったです。 【誤】はっすわいえむおー ⇒ 【正】はしも と覚えてたので・・・(うぅぅぅぅ~~!!)) 思い起こすと、10年前にRydeenを店で流れる有線放送を聞いたのが切っ掛けでこの3人の活躍を知りましたが、 今回は、細野さんと高橋さんの代表曲なので本当に奥が深いと感じました。 例え、名義がHASYMOで定着しても・・・・・・私の中では永遠の3人が帰ってきた事だけで凄くうれしいと思います。 今回はダウンロードの方ではなく、CDで買いましたが・・・ やはり2曲目の音の崩れがかなりと言う感じで気になります。(収録の時に、何かあったのでしょうかね?)
2010-05-08 12:45:14 変化し続けるYMO オリジナルと比べて大胆に変化したセルフカバー曲。この幅の大きさがYMOなんだと思います。1曲だけなのが寂しい・・。
2010-04-10 10:09:09 朝靄の湖 フライフィッシングに行った朝。 テントから起き出して温かいカフェオレを啜るときに合います。 幸宏さんのアルバムを続けて聞くと至福です YMOのアコースティックアルバム出ないかな?
2009-11-13 11:26:02 刺さる 原曲に対する思い出フィルターがない世代の人間です。 当然原曲も聴いてますが、原曲はなんというか「蹴って」くるのに対し、こちらは「刺して」きます。 さすがって感じ。
2009-09-29 18:48:01 祝・復活 in japan エレクトロなアプローチでいかにアナログな情感に接近するか、これがポストロック以降の音楽のテーマのひとつのように思う。 おじさまたちももうお若くないので、お体をいたわりながら、音の探求を愉しまれて下さい。 私もたまにそれを覗かせていただきたいと思います・・。
2009-02-24 15:21:33 LONDONよりGIJONかな 両アルバム効き比べると、GIJONの方がライヴ感があっていいです。特にユキヒロの生ドラムがライヴですね。 後半のWAR AND PEACE→RIOT IN LAGOS(GIJONだけ生ドラムではないでしょうか)→RYDEEN(GIJONの方がトイピアノの音がいい、ドラムもメリハリ効いてる)→CUEの4曲は完全にヘヴィーローテーションになってます。 YMOありがとう!感激してます!!!
2009-02-19 19:28:21 黄色い魔術師スペイン編 こっちはスペインでのライブが収録されています。 曲目はロンドンとほぼ変わらなかった様です。 曲順は変わってますが… ロンドンでも演奏した曲(Turn Turn)に小山田圭吾っぽい声が聞こえます(本人かどうかは分かりませんが) ONGAKUとかRiot in lagosが好きですね
2009-02-19 19:21:10 黄色い魔術師@London 海外公演のロンドン編。 特筆すべきは各自のソロをやった事かな Riot in lagos(坂本龍一)とかスポーツマン(細野晴臣)とか 現地での受けが気になるところです。
2009-02-19 19:19:46 79→07 2007年版Rydeen まさかの復活と思いきや、ライブ活動までするとは思わなかったです。 しかし、この曲であじのあるとこ見せつけられるとは…
2009-01-27 10:09:01 こういうサウンドに落ち着いたんですね 往年のピコピコサウンドを期待したんですが、アコースティックというか こういうサウンドに行き着いたようですね。
2009-01-16 17:33:16 すばらしい 武道館ライブが79年だから、もう30年もFANをやっている身としては、まずはノスタルジーですね。 ワクワクムラムラから、繊細で緻密で大人の音楽になってますね。力の抜け方がすばらしい。 両方お持ちの方は聞き比べていただければ分かると思います。 YMOのライブアレンジは予想を超えていていつも大好きでした。その点は変わっていません。 今回も大サービスです。 RIOT IN LAGOS や CUE などのテイストの変わり方から、THE CITY OF LIGHT など 幅広いです。
2009-01-07 07:22:00 こちらがよりYMOらしい。 Londonもありますが、HASYMOに近いアレンジかと。 よって、GijonこちらがよりYMOらしいです。 40代のファン「ヘンタイ良い子」ならわかりますよね?会場ごとに変わる。これがライブYMOです。
2009-01-05 20:24:31 YMO最高 ONGAKUは特にいいです。原曲も好きだかでしょうか。このアルバムは昔の原曲よりもっと近代的になってる感じがしていてライブ版なのもいいですよ。
2008-12-18 06:01:58 凄いですよね。 時の積み重ねって凄いんですね。 YMOのお三方と同じように時を重ねて来たけれど、 YMOがこのようにクールに、冷静に、優しく語りかけてくれるとは夢にも思いませんでした。 ジャンルを超えた文化がここにある、素晴らしいですね。
2008-12-13 23:50:51 25年目の以心電信 83年の「浮気なぼくら」に収録されていた以心電信(予告編)に続く本編は、 Service収録の方ではなく、こちらなのではないかと 25年を隔てた今、最近のYMOを体言しているトラックです。必聴です。
2008-12-11 08:49:52 かっこいいなあ・・・ YMO+フェネスという夢の組み合わせがあっさり実現してしまいました。 エフェクトの調子はロンドンの方がビュンビュンいってて調子いいです。 どの曲にも必ずぐっと来る瞬間があって、結果一曲も聞き逃せないわけですが ここは「ONGAKU」でワンコーラスづつボーカルをとるおなじみの箇所をお勧めします。 3人がボーカルをとることで、YMOの存在を示している瞬間でもあり 何より、お三方の30年の歴史と進化を感じ取れる生身の部分でもあります。 (細野さんの声のなんと優しいこと!) 日本ではなかなかYMOになってくれないHASYMOのお三方ですが 個人的にはTOKYOYMO(笑)が是非みたいです。
2008-12-11 05:29:57 最高峰エレクトロ London Gijonの両方を買い、一気に聴いてしまった。 それぞれに曲のアレンジが異なっていたところが面白い。 Gijon滞在の経験がないので、比較は難しいが、おそらくそれぞれの街、空気を感じてのアレンジなのではないかと思う。 全体の緩急が本当に素晴らしいし。 そして限られた音の数々が、まさに「必要不可欠だから」鳴っていて、計算と遊びの両方が高い次元で融合している。 世界基準の、エレクトロであり、テクノでもある。是非多くの人に聴き込んで欲しい。
2008-12-09 23:46:07 大人YMO TIBETAN DANCE、うぁぁこの曲をまさかYMOで聴けるなんて・・・・・・ スポーツマン、細野さん歌ってるよ・・・・・・ RIOT IN LAGOS、ユキヒロさん生ドラム!!!!!! 至福。なんだか「ハラー」の頃に戻った様。 大人のYMOって、イイですねぇ・・・・・・
2008-12-09 21:49:02 EUYMO Tシャツ欲しさにLondon+GijonセットのCD版を買ってしまいました。 YMO世代故の過ちとも言えましょう。 古くささを感じさせないところが素敵です。
2007-12-09 06:02:58 ちっと残念 この曲はリアルタイムで中学生。 オリジナルはもっと尖ってた。 それがなくなってちっと残念。 ギターは大村憲司、渡辺香津美か鮎川誠 キーボは矢野顕子、マニピューレタは松武秀樹となって復活して欲しかった。 でも、現在のシンセの発達や人間観関係では無理か・・・
2007-11-10 15:07:48 好きです。  購入して数ヶ月たちましたが、全然飽きません。聞こえてくる音のそれぞれが非常に丁寧で、細野さんの音楽に対する愛情が感じられます。そして非常に深い。rydeenやbehind the mask で好きになったYMOですが、RESCUEは私の中では、YMOの代表曲の中のひとつに新たに加えられました。
2007-10-13 16:32:38 ハイブリッド 様々な音に電子音ではなく、生の音を組み込んでいる。しかもその割合は生の音の方が多いと思う。 にもかかわらず、このテクノ感。 展開や世界観が相当なレベルにまで達さないと、こう思わせる事は至難だと思います。 有機と無機の融合。素晴らしいと思いました
2007-09-09 02:46:38 初めて自分で買ったレコードは、この原曲です。 懐かしいの一言です。初めて自分のお小遣いを使って購入したレコード。 それがYMOの「ライディーン」でした。今でも、そのレコードは宝物です。 ネット配信そして、コピー制限のあるなか、ダウンロードしたパソコンも、 今後の宝物の一つとなってしまうのか・・・手放せない一曲ですからね!
2007-09-04 05:22:44 いろんな所から音が 聴こえて来てビビりました。 直接聴こえる音とは別に左右の前方5、60センチくらいの所にBGMやテクノデリックの頃の懐かしい音が浮かんでは消えていきます。 卓上の小さなスピーカーでいつも聴いている音と違う音が出てくる。 私の環境だけが特異とは思わないけれど。 YMOは勿論大好きですが、この新しい何かを私に届けてくれる感覚こそがYMOを求め続けた理由の一つかもしれません。
2007-08-28 01:03:15 音を楽しく聴く方法。 先日発売されたSWITCH9月号の御三方のインタヴュー記事を読んでから聴くとより一層深みが増すと思います。 わだかまり、ビジネス的な圧力、過去のYMOの呪縛、そういったネガティヴな要素を全て排除して、やりたいように創られた今回の音はもしかしたら過去の作品よりも本当の御三方が反映されているのでは。 御三方の自由が感じられる音楽です。
2007-08-24 03:41:37 simple beauty !!! 『RESUCUE』って、なんて簡素でかっこ良いのでしょうか。 『RYDEEN』は幸宏さん、『RESUCUE』は細野さん。 で、次は坂本さんの作品? と想いは募るばかりですが、 できれば(HAS)YMOが三位一体となった曲をリリースしてもらいたい というのが本音です。
2007-08-23 07:17:11 JAPANが懐かしくなった。 "Gentlemen Take Polaroids" "Tin Drum" "Oil On Canvas" のあたりを思い出したのですが、 勘ぐりすぎですか、そうですか。 民族系楽器が多様されていて、BGMとしてふわわーんと聴くには、とてもイイ感じです。
2007-08-22 18:48:07 YMOは生き続け、進化し続ける。 彼らはYMOとしての活動もしていくし、HASYMOとして進化していきます [RYDEEN 79/07]のアーティスト名を「Yellow Magic Orchestra」にしたこと 新譜からのアーティスト名を「Human Audio Sponge]とせずYMOの名前を捨てなかったこと それらがこのシングルで十分訴えていると思うのですが.. この曲は[HAS]であり[YMO]である、同じアーティストの曲です
2007-08-21 14:56:09 RESCUEのイントロがかっこいい。 アレンジも結構エレガント。 でもこれだけアーバン・プリミティブな感じだと、逆にもっとノイジーにぶっ壊したものも聴きたい。 もっといろんな別バージョンがあってもいいのかな、という気がする。
2007-08-21 08:44:30 Live音源とはまた趣が違ってヨイ! 先日のNHKプレミアムで聴いたヴァージョンとは違って、よりドライにストイックな感じになっていますね。 細野さんのアジアンテイストあふれるメロディと教授の踊るようなシンセ。そして正確無比の幸宏さんのドラム。 あのお三方が作ったと実感出来る音作りですね。 こんなにシンプルでもYMOになってしまうのは、才能のなせるものなのだと再確認しました。
2007-08-21 03:00:00 YMOではなくHASでありHASYMO YMO名義で発売されたとはいえ、紛れも無くHASであり、HASYMOの曲。 Rydeen 79/07にいたってはHASがYMOの曲をカバーしたと認識した方が良いです。 いつまでも昔のYMOをひきずるつもりは無いのでこう書かせてもらいますが 進化し続ける3人の今後活動に期待しています。
2007-08-19 05:03:18 いいね ビートルズ以降、ボーカル中心・ビート感やノリ中心のカラオケ音楽が主流になってしまっていて、このような 曲を聴けない人達が多くなったことは残念ですが、やはり彼らの音楽は気持ちよく数少ない世界に通用するアーティストであると実感できます。 彼らの曲は、聴き手を選ぶ音楽ですね。 音楽的素養が全くない人には聴けない音楽で、言うなればミュージシャンの為の音楽とも言えます。 良いスピーカーと最高のオーディオで、音の1つ1つをきちんと聴いてほしい音楽です。
2007-08-17 22:41:58 クールな作品 実にクールで硬質な質感を持った作品に仕上がってます。 音数も少なく、非常にシンプルな構成でありながら聞く人を飽きさせないポップな曲となっており、個人的には大満足です。 暑苦しい夏を一瞬涼しくしてくれる「RESCUE」。 おすすめです。
2007-08-17 09:56:20 びっくり! ボーカルはてっきり幸宏さんだと思ってました。 細野さんだったんですね・・・。 CGアニメの主題歌にしては、ちょっと暗い? もっとギラギラしていても良かったのでは? YMOというよりは、HASに近いような気がします。 既に予約しているので、ちょっと戸惑いがあります。 イメージは、細野さんのソロって感じですね。 早くHASYMOとしてアルバムをリリースしてもらいたいです。 できれば、国内ツアーも!
2007-08-17 05:44:19 YMOをバッファしています。 ヒューマンオーディオスポンジ+YMOという名義ですが とにかく3人でこれからも作ります、みたいな意志表示とも勝手にとりたくなる。 ゆるやかにYMOへとそしてYMOの新譜アルバムに思いを馳せたくなるのは わたくしだけでしょうか? カッコよすぎです。
2007-08-16 07:05:40 何度聞いてもあきません!!! 丸一日ず~~~~っと一曲リピートして聞いていますが、やはり良いですね!!! 元の原曲も大好きだったので、購入できて嬉しかったです。 ・・・げ、原曲の方も購入できるようになりませんかねぇ?
2007-08-15 11:25:19 断っておきますが、YMOの新曲ではありません。 細野氏が音楽担当している、CGアニメの主題曲です。 アーテイスト表示も、HASYMOとなってます。   音も、YMOの後期ぐらいかな........ ありがたがるほどの音ではありません、残念ながら。 俺はコークのクレジット使い落としました ^^;
2007-08-15 06:26:36 紛れも無いYMOの音がします。 HASYMO名義ではありますが ヴォーカル、リズム、音色、どれをとっても完全なるYMOの新作です。 スケッチショウやHASでは出来なかった新たな展開がここにあります。 テクノデリックのドライな音と BGMのセンチメンタリズムを併せ持った楽曲に仕上がっています。 YMOがまたドキドキするような期待感を持って僕らに新しい音を発信してくれています。 今後の活動が本当に楽しみです。
2007-08-14 12:45:39 まさかこの歳になって新曲がきけるとは… …生きてて良かった。 今年の5月に横浜で行われたステージで披露された曲です。 私は幸運にも観に行く事ができました。 曲紹介もなく始まったこの曲は、ボーカルにあわせて歌詞が大きなビジョンに畳み掛ける様に映し出され、只圧倒されてしまいました。今回、新曲として改め聞き込む事ができます。 ストレートなメッセージに唸らされたり、抑え気味のボーカルにヒューマンチュー唱法の名残を感じてゾクゾクしたり、エレクトロニカに寄りながらYMOの曲にしっかり聞こえてる来る処にドキドキしたりします。 さすがBIG3だと関心することしきりです。
2007-08-14 11:30:47 試聴してみてっ! 全般的に「民族音楽好きな細野さん」的な色が濃い感じ。 試聴の感じが そのまま続くので、「あらら?」って思った人は買わない方が良いかも知れない。
2007-08-11 20:49:54 ワクワク! 散開から24年、再生から14年。この3人にしかできないリメイク。 いろんな意見があると思いますが、YMOであってHASYMOじゃない。 ちょうど高校1年の時でした。「RYDEEN」が巷を席巻し、どこからでも YMOが聞こえてきていました。自分で初めて買ったレコード(!)も もちろんYMOです。LPは全部買い揃えました。 散開して再生しても、YMOから離れることはありませんでした。 各ソロも聞きあさりました。特に幸宏さんの枯れた声に魅了されました。 今年の始めに、キリンビールのCMにYMOとして出る、と聞いた時は 込み上げるものがありました。やはりYMOというブランドは今でも当時の ファン層の心に残っているんですね。 これからはYMOよりもHASYMOとして露出する機会が多くなるでしょう。 でも、根底にあるYMOとしてのカラーをもっと出してもらって、21世紀の 「YMO」「イエロー・マジック・オーケストラ」を見せて欲しいと思います。 期待しています!・・・が、見事に裏切られるんでしょうね、良い意味で。
2007-06-11 07:18:28 遅ればせながら 遅ればせながらダウンロードしました!! 皆さん、東寺でお会いしましょう!! 東京から駆けつけますです!! たぶんYMOのファンは年齢層でわかりそうだなあ。何の曲やるか楽しみですね♪
2007-06-01 01:46:34 ダウンロードしました。 先日ダウンロードしました、とてもよかったです。個人的にはもう少し低音の重さがほしかったです。 でも、とてもいいですよ。皆さんもダウンロードしてみてください。
2007-05-16 21:51:55 おぉ・・・ ライデーン、小学生のときに学年全体で体育館で踊ったあの曲ではないか・・。聴いた一瞬でぶわっとあのころをおもいだした。
2007-05-07 23:48:46 感情を揺さぶられる夕暮れに。 小学校時代、オルガンで音を探しながら弾いたライディーン。 「TOKIO~」を真似できるやつが格好良かった。 40代以上のオヤジたちがそんなノスタルジックな想いを描く以上に、 今の時代感を圧倒的な表現で演出する名曲である。 この曲をiPodに落としたときに、どういう場所で聴こうか、と悩んだ。 仕事とプライベートの狭間で、ちょうど中間点に居る自分で、 いつもの場所ではなく…とイメージしていたのだが。。。。 18時過ぎ。東銀座の歌舞伎座前から銀座4丁目に向かっていくとき。 人工的なネオンサインの向こうに、美しい夕焼けが広がっていた。 僕は迷わずiPodを取り出し、Rydeen 79/07を選択した。 5分ちょっとの、至福のときだった。お試しあれ。
2007-04-21 08:46:56 熟成 まさか、この御大三人の新録で RYDEEN が聴けるとは想像出来なかった。 しかも以前のアレンジではなく、全く新しい切り口のアレンジ! メロディーから音の選択、アレンジに至るまで、完璧
2007-04-08 08:05:53 歳をとられても素敵過ぎ。 YMO全盛期の時代を生きる人達にとっては感動モノでしょう。 (と言っても私はその時代生まれてませんが・・・) 現代でもキーボーディストなら一度は弾いたはず。 キリンのCMでおもちゃのピアノを弾いている坂本龍一。 おもちゃのピアノ、なのにも関わらずもの凄いオーラをかもし出す。
2007-04-04 20:34:09 ぷっつ(笑) エイベックスからデビユーでこれですか...... まさに日本人向きのコードだ〜大塚愛と同等か それ以下だぞ!
2007-04-01 03:49:58 ほんとうにいいもの 凄くアジア的なアレンジだと思う。アーティスト写真も雄大な背景をバックにしているし、アレンジ自体もキャズムの延長線上に感じる。つまり坂本にしてもYMOにしても、今までとは別の次元に辿り着いたということだと思うし、それが抽象的ではなくポップに仕上がっているのが本当に最高だ。涙が出る。 この肉体的なアレンジは今までの幾何学的なアレンジとは一線を画しているし、現在の西欧的ポップミュージックにも警鐘を鳴らしている。最先端とは本来、こういうものであるべきだと思う。
2007-03-24 05:25:38 ややうけ ちょっと、オリジナルとかけ離れたところが有りますね。。。その点は残念。。。と言ってもこの曲、僕が中学生の頃の曲だから(;^_^A アセアセ…仕方ないですね。皆さん元気で何よりです。
2007-03-16 19:00:47 やっぱり良いですね 感慨深さを感じます 青春の1ページが蘇りますね 最初、チープな音色でメロが始まり、少し物足りなさを感じましたが、何度も聴くうちに、しなやかさと派手ではないが秘めた力を感じるような気がします
2007-03-11 12:37:49 もどかしさが付きまとう・・・。  発表以来30年近く経って、未だにエレクトロミュージックの「お手本」でありつつ、耳コピーの難しい(というか完全再現も、サンプリングとしていじり倒すも強烈に難しい)「目指すものへの宿題」でもある原曲RYDEENが、YMO自らの手で再度手を入れられ帰ってきた・・・。しかし、情熱や熱狂というより、「頼まれたからとりあえずやってみた。どこの辺でいいでしょ?」的なやる気の無い音になった気もする。ちょっと腕のある人間ならサンプリング集CDとソフトウェア音源のプリセットのみ組み合わせて、パソコン上で1時間で出来そうな安直さ。(しかも今の時代、そんな奴は結構いる。)  復活後のクラフトワークの方が挑戦的だし、「もういいよ、この曲は。やめようよ。」と、私にはそう聞こえます。または、壊す必要があったのかも。
2007-03-11 06:52:25 もう一度 まだ私が学生時代のころYMOのデビューは衝撃的でした。  世界で認められた日本人アーティストのデビューです。  まだまだ、その頃は外国のアーティストが優勢の時代、国内ではニューミュージックといわれるジャンルが全盛の時代です。 確かにサディスティックミカバンドや佐野元治など、日本人ロッカーなどもいましたが・・・。  テクノサウンドにテクノカットの髪型、新しい日本の生き方が示されたような衝撃でした。   あれから約30年、チョットやさしくなって帰ってきたYMO、俺も歳とったしなぁ。  これくらいのやさしさがいいのかなぁ。 少し物足らない、感じです。  やはりオリジナルの方がいいなぁ。  もっと走っていたいから。
2007-03-09 20:23:34 「3人並んでいる」ことに価値がある かつてのイノベーターも完全にフォロワー。 これが無名の新人のカバー曲だったら1000分の1も売れないし、 感動している人たちも「う~ん、微妙かな?」と感じるのではないでしょうか? 原曲が良いので普通に聞けますが、やらない方が伝説のためには良かったように思います。 YMO的には遊びなんでしょうが。。。 3人並んでいる、こと自体に感動できる人向け。
2007-03-04 02:27:55 今世紀NO.1のセルフカバー曲 非の打ち所がない作品。今世紀NO.1のセルフカバー曲なのでは?!おじさん達が一番トンがってることやってて若者はもう脱帽するしかないっすよ。
2007-02-20 23:40:33 澄んだ音色 往年の名曲がよみがえりました。 イントロから、印象的な澄んだ音色素敵です。 透明感のある演奏で、オリジナルよりさらにクールで、お勧めです。 買って損はないと思いますよ。
2007-02-20 18:17:12 グレーマジック! 待ってました! 曲の雰囲気、3人の髪の色とかを考えると「イエローマジック」というより「グレーマジック」といった感じです。 まさに3人の「今」を表したセルフカバー。3人とも近年はエレクトロニカな感じのため、 それがモロにでているアレンジ。 今彼らが復活してアルバム作ってくれたら、エレクトロニカの金字塔とも呼べるアルバムが出来そうなんだが ・・・・・・ああ!YMOの新曲が聞きたい!せめてライブだけでもやってくれ!
2007-02-20 07:05:53 すごいトリオの一曲安すぎないかな? 三人の名前と顔がなかったら?クリックしなかったかもしれない。手にして実に新しく感じ、200円の5.5分はとても安過ぎに感じた。価格と音楽観と長さと比例しないのは分かっているが・・・。
2007-02-20 04:59:56 進化系なのです 小学校4年生の時に洗礼を受けて依頼、いつもこの方々に驚かされてきました。 今度もクラクラ来ちゃいました。 尖った感じはなくなんだか丸みを帯びたような、聞き心地の良いRydeenです。 人の熟成と共に益々進化する三人方にこれからもワクワクしようと思います。 ありがとう。
2007-02-20 04:44:11 お帰りなさい。 聞いているうちに鳥肌が立ちのめり込みそうになりました。やっぱりこの3人はすごい! 所々にアコースティックを取り入れたりと解散前のイメージに裏切りを入れて来て、また様々な裏切りをするのかと楽しみになります。 今度は是非アルバムを!
2007-02-18 08:01:04 久しぶりの 何とも言えないこの思い。 久しぶりに聞くイエロー・マジック・オーケストラの音は、 「こんなアプローチもあったのか」と思わせる。 昔懐かしいあの頃を思い出しながら、新たなRydeenを聞くと、「前を向いて行かなければ」、 と思わせてくれる。そんな1曲です。
2007-02-18 07:15:24 気になります 全盛期の頃は、音楽専門誌に録音時に使われた楽器・機材や日時・場所など詳しく掲載されてました。 今回のRydeenはどんな感じで録音されたんでしょうかね。 繰り返し聴いていると、これが最後のRydeenになる様な気がして切ない気持ちになります。
2007-02-17 07:54:36 何年経っても、新鮮! KIRINのCMを見て、すぐにダウンロードしました。コレクションが一つ増えて感激し、毎日繰り返し聴いております。 RYDEEN 79/07以外のアルバムもダウンロードしたく、クリックするも日本での販売が出来ませんの文字にガッカリしています。懐かしのアルバムはLP盤しか持っていないため、往年のファンの一人として1日も早く購入できることを願っています。
2007-02-17 02:45:34 あの頃夢中だった友達みんなに聴かせたい  42歳!Y.M.Oを聞いて育ちました。当時は最先端の音楽を聴いてるんだと、ファンであることに誇りさえもっていました。もう四半世紀も前のことです。  やがて時はたち、白髪も目立ち始めたある日、テレビから流れるライディーンに画面を見たら、あの3人が演奏しているじゃないですか、もう鳥肌が立ってしまいました。スケッチショウのようでもあり、教授の音楽らしくもあり、ただの懐古趣味ではなく、四半世紀の時間をかけて、正当進化した音です。あのころ、夢中で聴いていた友達みんなに聴かせてあげたい曲です。すばらしい!

BGM

BGM


YMO

YMO