中島みゆき

トップソングから出題 初級編
トップソング以外からも出題 上級編
配信曲全て出題、間違ったら即終了 全曲編

*音量注意。毎回、出題内容が変わります。
*再生されない場合は、ブラウザを最新のものにアップデートくださいますようお願いいたします。

使用している音源は、楽曲の販売促進のために
iTunes Storeから提供さている試聴データです。

facebook Facebookでシェア
twitter Twitterでシェア
line LINEに送る

週間人気ランキング


楽曲検定一覧


一覧にないアーティストは検索してください。

2NE1 AAA Acid Black Cherry AI aiko Aimer AKB48 AKINO with bless4 angela Aqua Timez AZU B'z BABYMETAL back number BEGIN BENI BENNIE K BIGBANG BoA BONNIE PINK BOφWY BUMP OF CHICKEN C&K Chara chay ClariS Cocco Crazy Ken Band Crystal Kay DAISHI DANCE DEEN Def Tech Do As Infinity Dragon Ash DREAMS COME TRUE E-girls EGOIST ET-KING Every Little Thing EXILE EXILE ATSUSHI EXILE TRIBE FLOW Flower flumpool fripSide FUNKY MONKEY BABYS GACKT GENERATIONS from EXILE TRIBE GLAY globe Goose house GRANRODEO GReeeeN HY INFINITY 16 JAM Project JAY'ED JUJU JY Kalafina KANA-BOON KARA KG Kiroro KOH+ KREVA lecca LGYankees Linked Horizon LiSA m-flo MACO May J. May'n mihimaru GT MINMI MISIA miwa MONGOL800 MONKEY MAJIK moumoon Mr.Children Ms.OOJA My Little Lover Nissy(西島隆弘) NMB48 ONE OK ROCK ORANGE RANGE Perfume RADIO FISH RADWIMPS Rihwa RIP SLYME SCANDAL SEAMO SEKAI NO OWARI SHINee ShuuKaRen SKE48 SoulJa SPEED SPICY CHOCOLATE SUPER JUNIOR Superfly T-ARA T.M.Revolution TEE THE YELLOW MONKEY trf UNISON SQUARE GARDEN WANDS X JAPAN Yellow Magic Orchestra YUI YUKI ZARD [Alexandros] いきものがかり かりゆし58 きゃりーぱみゅぱみゅ くるり さだまさし でんぱ組.inc ももいろクローバー ももいろクローバーZ やなぎなぎ ゆず ウルフルズ エレファントカシマシ キマグレン クリープハイプ クリス・ハート ケツメイシ ゲスの極み乙女。 コブクロ ゴールデンボンバー サザンオールスターズ シェネル シェリル・ノーム シド スガ シカオ スキマスイッチ スターライト・オーケストラ&シンガーズ スピッツ スポンテニア ソナーポケット ナオト・インティライミ ハジ→ ヒルクライム フジファブリック ポルノグラフィティ モーニング娘。 レミオロメン 阿部真央 絢香 安室奈美恵 安全地帯 井上陽水 一青窈 宇多田ヒカル 奥 華子 加藤ミリヤ 夏川りみ 家入レオ 華原朋美 鬼束ちひろ 久石 譲 久保田 利伸 九州男 倖田來未 広瀬香美 高橋優 高橋洋子 今井美樹 坂本真綾 坂本冬美 坂本龍一 三浦大知 三代目 J Soul Brothers 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE 山下達郎 山崎まさよし 柴咲コウ 手嶌葵 小泉今日子 小田 和正 少女時代 松たか子 松山千春 松田聖子 湘南乃風 上白石萌音 植松伸夫 森山直太朗 秦 基博 水樹奈々 菅原紗由理 星野源 清水 翔太 西野 カナ 青山テルマ 斉藤和義 倉木麻衣 大橋トリオ 大原櫻子 大黒摩季 大塚 愛 竹内まりや 中森明菜 中島 美嘉 中島みゆき 長渕 剛 椎名林檎 土岐麻子 東京スカパラダイスオーケストラ 東京事変 東方神起 童子-T 徳永英明 乃木坂46 尾崎 豊 美空ひばり 浜崎あゆみ 浜田 省吾 布袋寅泰 福山雅治 平井 堅 平井 大 平原綾香 米津玄師 宝塚歌劇団 木村カエラ 矢沢永吉 葉加瀬太郎 藍井エイル 欅坂46 氣志團 澤野 弘之 槇原敬之

中島みゆき 試聴・レビュー


2017-03-20 21:30:03 素晴らしい!!!!!! ファイト!を聴き、元気をもらえました。又、ファイト!をもとにした小説「闘う君の唄を」は素晴らしい!!!!!!
2017-01-28 18:45:26 涙というだけでは足りない 何十年も前に聞いた曲が、心の底に残っている。 歌い出しから涙が溢れる。 こんな凄い歌詞は見た事もない。 ふるさとへ 向かう最終に 乗れる人は 急ぎなさいと 「乗れる人は」乗れる人という歌詞の意味が深すぎる。 故郷に背を向けて想い出を胸に都会で暮らす我が身にとって心を突き刺す歌詞です。 はるか昔に残してきた想い出とともに。
2017-01-05 02:29:18 ホームにて 最近、日本にはなぜブルーススプリングスティーンみたいな存在がいないのだろうかと考えていた矢先、中島みゆきのホームにてを思い出した。 ブルーススプリングスティーンのマイホームタウンの感動がここにある。
2016-12-27 02:32:27 聖者の行進 の主題歌 TBS系で放映された いしだ壱成 主演 「聖者行進」の主題歌(1〜4話・10〜11話)「糸」 (5話〜9話)は「命の別名」
2016-11-27 04:13:13 東京全力少女 の主題歌 日本テレビ系で放送された 武井咲 主演「東京全力少女」(2012年10月10日〜2012年12月19日)の主題歌である。
2016-11-21 05:47:02 旅人のうた 中島みゆきの楽曲は、このアルバムから聴き始めた。とにかく、どこまでも共感できる歌詞。そして、広がりを想像できる旋律。J-POPと区分してはもったいないほどであり、すっかり独特の世界観に惹きつけられてしまった。
2016-10-26 06:51:28 うん 小さい頃自分が親の都合で与那国島にいた時にドラマが撮影されてその時自分も参加してたのを思い出す、この曲を聞くだけで懐かしく感じる。
2016-08-27 17:28:24 鳥肌が立つ 「一期一会」は歌詞も歌唱力も中島みゆきさんでないと出せない凄味と迫力に満ちています。昔聞いてすごくいい曲だと思いましたが数年経った今、再度聞くとその深みを痛感します。自分が歳を取れば取るほど歌の良さを再痛感できる…そんな歌をかかれる(歌われる)方です。このアルバムではないけど「銀の龍の背に乗って」も鳥肌が止まらなかった
2016-04-10 07:42:44 はじめて買ったミュージックテープ 僕が中学生の頃、ラジオの深夜放送でテンションが高いDJのお姉様がいたなと思っていたら、中島みゆきさんでした。浪人後、大学に入ったとき、はじめて買ったミュージックテープが「私の声が聞こえますか」でした。そして、バイトで貯めたお金で購入した中古車の中で「アザミ嬢のララバイ」を安いカーコンポで大きな音を出して聞いてたら、信号待ちの隣の若い女性ドライバーに怪訝そうな顔で見られたことがあったなあ、なんてことを懐かしく思い出しました。今でも、中島みゆきさんの歌が好きです。
2016-04-08 07:04:59 録音状態の音が小さい 亡くなった兄のCDで歌姫を聞いた のですがどうも歌姫の声が聞き取れないどうもiTunesも残念ながら録音状態の音が小さいです。 寒水魚は古い兄の生きていた頃のCD なので仕方ないのかもしれ無いけど 録音状態のいい歌姫が聴きたいです。
2016-03-15 08:06:50 いいです。 中島みゆきのアルバムを何でもいいと思い購入してみました。  歌詞が心に響いてきて、勇気付けられたり、共感できたり、感傷的な気分に浸れたり、色んな顔があるいいアルバムだと思いました。
2016-02-12 17:27:14 I Love You, 背広の下のロックンロール! みゆき姉さん、どの曲も最高です。 俺は今もずっと Fan ですよ。 でも、俺は吃驚した。 「背広の下のロックンロール」。 みゆき姉さんが、こんな曲を描くなんて。 思いの外でした。 分かっていてくれたんですね。 ロックンロールの誇りと哲学を。 分かっていてくれたんですね。 ロックンロールの情熱と信念を。 熱く物語って来ますよ其のBeatと歌声が。 熱く物語る程、共鳴しますよ其のBeatと歌詞に。 「背広の下のロックンロール」。 珠玉な珠曲です。大好きな曲です。 I Love You, みゆき姉さん。 ありがとう御座いました。 「路傍に転がる石塊(いしくれ)はロックンロール」and I like it. 其れが俺の答えです。Yeah!
2016-01-25 05:53:24 2枚買いました 中学3年の時のアルバムでした。当時、聞きすぎてレコードに傷が付き、2枚目を買いました。 「傾斜」がお気に入りですね。
2015-11-10 10:06:33 作品+リスナー=の世界観に拘り続ける中島みゆき 【テーマ】 アルバム名も決まっていないジャケット撮影時に、みゆきさんが云ったのは「旅に出る」と「国際空港」のみ。そして決まった撮影地は中部国際空港セントレア。ブックレットのみゆきさんが手に持っているのは、マニュアルカメラ、ライカM型の名機M4。 写真には歌詞にも出てくるアゼルバイジャンを想像させるアラブ系の衣装や日本の着物、つまり民族衣装を着たみゆきさんが見られる。空港は旅の途中にたくさんの民族が1つになる場所だったと改めて気づかされた。1つに集い別れまたそれぞれの国へ。 そういえば今年開催されるコンサートの名前は「一会」だ。 みゆきさんの世界は単体の曲で見ても、聴く側の受け取り方で如何様にも意味が変貌していく。 それは曲の世界とリスナーが合うという意味の組曲でもあるのではないかと感じる。 もちろん、みゆきさんは1989年から夜会を始め、ストーリーの中に既存曲を当てはめることで新しい解釈を生み出し、コンサートでは公演名に色を付けずに組み合す曲順やまとまりで何かを伝えようとしてくれている。 【曲調】 前作に続き日本人ミュージシャンで固めた本作の制作チーム。マスタリングエンジニアに、世界トップクラスの腕を持つスティーブン・マーカッセンを向かい入れ、言葉が活きる調整を彼に託しているそうだ。バラード3曲。激しい系2曲。壮大系1曲。フォーク系1曲。ジャズ系1曲。ポップ系1曲。軽いロック1曲。10曲中6曲が湿度を含んだ演奏で構成され、シャープな曲や変化球どころが指し色になっている。珍しく大人可愛い曲がラストを締めくくる。 【歌唱】 リスト化するといつもと変わらないバランスのように見えるかもしれないが、歌唱はどの曲も複雑に歌っており、過去40作のどのアルバムよりも巧みに歌っている印象を強く感じた。語尾のアクセント、日本人の口調や問いかけるイントネーション、字余り歌唱と歌らしい歌唱のバランス。 【歌詞】 前作から再び見せる、80年代の頃のような詩的な歌詞が目立ち、詞に含まれる世界感と、そこから連想する情景で様々な解釈が楽しめる。曲の物語は聴く者の心によって完成するようだ。 【編曲】瀬尾一三の90年代のカリスマ性を再び実感。暑すぎるコーラスや団子状態の音、単調な間奏、平行的に長いアウトロ、偏った楽器の使用など、ほぼ見られなくなり、LRから出る音の差を感じやすくなった。 【演奏】アルバム用の演奏ではなくライブ用のバージョンを聴いているようだ。総じて何年もかけて作りこんだ厚みを感じる。日本人ミュージシャンは湿度のある繊細な音を聴かせてくれるから嬉しい。 1. 「36時間」 中島みゆき好きなら涙なしに聴けない曲かもしれない。1曲目から個性的な歌詞。話しかけているような、手紙を書いているような歌唱は、ボロボロの心を緩やかな時間へと導いてくれる。 歌詞は連続テレビ小説「マッサン」の主題歌「麦の唄」の歌詞にも見られた、現実的かつ明るい未来を言葉の力でビジュアル化している。染み渡る声に酔いしれてほしい。 2.「愛と云わないラヴレター」 互いにしかわからない言葉を詰めた手紙を送る主人公。ワケアリなのだろうか。不倫とは限らない。曲は柔らかいバラードのような歌い始めから軽いリズムのポップに変化する。 3.「ライカM4」 中島みゆきらしい歌唱のひとつ。景気のいい和ロック。歌い始めは矢沢永吉のよう。 しかしなんでまた数あるカメラの中から自動ピント装置(AF)のないライカを選び、歴代M型の中から4を選んだのだろうか。ライカM4の生産が終了したのは中島みゆきのデビュー年である1975年。歌詞は光学の常識を覆すような内容になっている。この曲もまた解釈の楽しみがある。 4.「氷中花」 熱い記憶を抱きながら凍える、今。 抜け殻になってしまった人を感じる歌声。サビ前には重い溜息が語尾に交じり、切ない歌詞とハードな歌唱でサビを向かえる。派手なサビの曲調で涙が出たのは初めてだ。 ヒステリカルなサビの歌唱は独りになってしまった孤独と叫びを代弁してくれているよう。 5.「霙の音」 初めての人なら前の曲と同一人物が歌ったことを信じられないかもしれない。子守唄のようで、凍えそうなバラードだ。歌詞は、そのままの意味かもしれないし、実は駆け引きかもしれない、それとも・・・?。 6.「空がある限り」 パスポートもビザもいらない記憶の旅。「あなた」とは生者なのだろうか? 壮大な歌唱であるがゆえに悲しく、たたみ込まれて歌われるサビの歌詞で哀愁が溢れ出す。 思わず抱きしめたくなる曲だ。 7.「もういちど雨が」 5、6、7、と空繋がりの三部作が続いた。 さ迷うシーンの夜会曲のようなメロディからフォークの曲調になり、小雨を想像させる。 中島みゆきの曲で初めて「奇跡」という言葉が出てきた。一縷の望みを細い雨に例えているのだろうか。 8.「Why & No」 日本語の使い回しをアクセントにハードロックを歌う中島みゆき。 このノリの良さは、スゴイ。サビに向かうまでの妖艶さと渦を巻くような歌い回し。そしてサビのギャップ。エレキギターが気持ちいい。 「宙船」好きな人はぜひ聴いてほしい。中島みゆきが吠えまくる! 9.「休石」 どこまでも優しい中島みゆきの声に癒される。何も考えずに聞き流すと癒されるバラード。 けれども歌詞は癒されない。癒されることがない。 歌詞をじっくり見て、サビの意味を見つけてほしい。本当にうまい。国語の教科書問題にできそうだ。 10.「LADY JANE」 70年代後半から80年代前半の空気感が香る曲。 コミカルな曲がラストを飾るのは非常に珍しい。1つの場所に集まるという意味では、中島みゆきという御酒を飲みに集まるファンの姿にも感じる。タイトルは1975年にオープンした同名のJAZZ BARがモデルになっているようだ。 時流に流され街も人も変わるように、「流行」は常に変わっていく。その時代時代で好まれる音楽や服がある。 みゆきさん自身も正統派の音楽から80年代に離れた。流行のせいではなく、詞でなければならない言葉の世界を追い求めるためだった。 生きている限り厳密にはたくさんのことが変わる。 でも、変わらないものも、ある。 自然の流れに従うのも美しいが、生きている限り抗っていく人の姿も美しいと、みゆきさんに言われているような気がした。 46億年の大地。 100年にも満たない旅の途中でみゆきさんに出逢えた私たち。 みゆきさんは何物にも曲げられず、その時代が落とすものを、ひとつ、ひとつ、後ろから拾い集めてきてくれた。 そしてデビュー40年を迎え、これから先も、中島みゆきは中島みゆきであり続け、時代の一番最後に回ってでも、私たちを見つけてくれるだろう。
2015-09-06 05:51:45 砂の船 砂の船・・・不甲斐ない自分のことを歌われているような、そんな歌には滅多に出会うことはないけれど、出会ってしまったという衝撃を、今、強く感じながら何度も聴いています。 追えば追うほどに夢は消え、探せど探せど愛には巡り会えない・・・でも、誰もいない夜の海を、ひたすらに行く・・・いや、行くしかないとも思う。なぜなら、明けない夜は決してないのだから・・・。 それにしても、独りとは果てないものだ・・・。
2015-08-30 15:27:22 涙が出てきた。 自分は何か悩み事があった時は中島みゆきの曲をよく聞きます。その中で『命の別名』を聴いた瞬間本当に涙が止まらなくなります。 自分はまだ高校生なので世代的には全然違うのですが心に響く歌ばかりでアルバムで買いました!
2015-06-27 19:11:46 あたし時々思うの 歳をとるほどこの歌詞のすごさを感じます。歳をとっていくことの戸惑い、限られた時間を感じ、何となく宇宙を感じさせるフェードアウト。「時代」よりもさらに前の曲ですが、みゆきさん、若かった時になぜこんな曲がかけるのか?大好きな曲です。
2015-06-14 09:36:12 すごい この人すごいと思う。 なんでこんな歌詞考えられるんだろう? だれもが1度聴いたことがあると思う。 僕はこの歌をこれから一生忘れないでしょう。
2015-04-12 04:20:30 時刻表  どれだけの人がこの曲を聞いて海に行ってしまったことだろうか。 仕事を授業を約束を人生すら置いてきぼりにして海に誘うローレライみゆきの怖い歌です。
2015-04-07 02:00:49 前な〜 前友達何人かで中島みゆきの歌歌ってん。 なんか歌ってる時 思ってんけど、めっちゃ いい曲やなって思って、 私たちよりずっとむかしのひとやのに今の時代の人も 歌ってるという影響?っていうの?凄い有名な人 やねんなーみたいなん 改めて思った?はいっ てことでなんか最後らへん 生息なコメントなったけど 大切なのは言葉より心
2015-02-06 22:13:59 涙がとまらない 十数年前に聞いたときには何も感じなかったのに、としを取ってからきいてみると、中島みゆきさんの声と歌詞とが心に響いて、本当に涙がとまりません。 うまく言えませんが、ふだん無意識のうちに押しころしてしまっているつらい気持ち/悲しい気持ちが、ブワっと溢れてくる感じです。聴いた後は、生きていく力をもらったような気がして、また頑張れます(^.^)
2015-01-25 07:30:53 吹雪 この歌をライブで一度も聞いたことがない。この歌を目の前で歌っている姿と演出をいつも想像している。でも、この歌を歌を歌うときは、おそらく世界の終りだろう。 とりわけ女優色満載のこのアルバムのトリにこの歌が置かれた意味を世の中の事件が起きるたびに考える。
2015-01-22 03:01:12 さすが! 紅白で聴いて心洗われ、すっかり忘れていたのですが、今日コンビニで聴いてすぐにDL。やばいですね、泣きそうになります…。 さすが、みゆき!! 小学生の頃、空君を聴き。時代、悪女、最後の女神などなど色々聴きましたが、声、メロディ、歌詞すべてイイですね。唯一無二。 これからも、活躍していただきたいです。
2015-01-12 09:28:51 隠れた名盤 他の歌手に提供した曲を本人が歌い直したものだが、意外なことに、すごくいい。 同時期のアルバムはやや感情過多なところがあるが、このアルバムは抑えが利いていて聞きやすく、曲調にも多様性があって、通しで聞いても飽きない。 他の人がコメントしているように、「ロンリー・カナリア」は日本人離れした作曲センスだと思う。 「未完成」と「肩幅の未来」が個人的には気に入っている。
2014-11-11 07:18:05 わかる人にしかわからない、40冊目の問題集 久しぶりの国内レコーディング&日本人ミュージシャンとなった本作 そのせいか、演奏が気持ち丸くなった。テンポはいつもの中島みゆき。 前作の常夜灯に負けず劣らずの”しっとり””な曲満載。声も元気。 ガナリ曲はラストの曲のみ。べらんめえ歌唱が「産声」のサビにあるのが気になる程度。 1「愛詞」 2013年の5月にツアーのファイナルとなった大阪フェスティバルホールで一度きり歌われた曲。参加できなかった人にとってはとても嬉しい収録。中島美嘉さんの歌うバージョンが当事者視点だとすれば中島みゆきの視点は見守る側だろうか。 中島みゆき好きなら誰しもが自分の味付けで解釈できる楽しみを知っているはず。色々な解釈が出来る歌詞だが、ファンとアイコンタクトを取っているような、心温まる歌詞だ。 2「麦の唄」 約20年ほど前から骨組みのあった楽曲だそうだ。 このアルバムの制作が始まったころにNHKから話が来て急きょアルバムに入れることになった。10年以上前のアルバム「短編集」や「恋文」を聴くと、「地上の星」や「銀の龍の背に乗って」の色が強すぎて無理やりアルバムに入れた感じは否めなかったが、本作のアルバムには溶け込んでいる。暑苦しくない久しぶりのあったかほんわかソング。 過去から離れて苦労しながら生きている人に聴いてもらいたい。 連続テレビ小説マッサンでエリー役をしているシャーロット・ケイト・フォックスさんが、中島みゆきから送られてきた英訳の歌詞を読んで「とてもうつくしい」とコメントしているのをNHKで見たが、本当に美しい。シャーロットはイントロのバグパイプから涙が出始めたそうだ。 3「ジョークにしないか」 性別、セクシュアリティ、立場は関係なしの切ない片思いの歌。 こういう主人公は「みにくいあひるの子」にもあったとは思うが、それよりも抽象的。 主観的な解釈が出来そうだ。 4「病院童(びょういんわらし)」 一見不釣り合いかと思われる軽快なメロと声に、涙ものの歌詞を織込んでいる。 わかる人しか泣けない曲とも言えるが、テーマにされにくい”病の孤独”をさらりと歌うところは流石。暗くないメロなのに最後のサビの歌い方は患者の叫びにも聞こえ、ここにグッとくる。この歌詞は、中島みゆきの声でなければならない。単なる音として聴くには勿体ない。本作だけでなく、みゆき作品の中でも至極の名作と呼ばれることは想像に難くない曲だ。 5「産声」 夜会工場VOL.1の最初とラストに歌われた曲。わずか13公演しか行われなかったため、こちらも貴重な1曲。 イントロは人間が初めて口にする声と同じキーのピアノ音から始まり 感動的なメロディと夜会工場では聴けなかった変化球の歌唱が目頭を熱くさせる。 6「問題集」 タイトルナンバーの楽曲。夜会曲だが、曲単体として聴ける歌詞だと思う。 他人に譲ることのできない孤独な問題集。 いつからサビなのか知らない間に歌い終わってしまう、近年にはない楽曲の1つ。 7「身体の中を流れる涙」 後半のメロは夜会曲らしいがこれは演歌や歌謡曲に近い。 聴いていて石川さゆりが熱唱する姿が想像できた。 今となっては夜会曲でしか味わえない絶望的なダークソング。 有名な「うらみ・ます」が存命中の恨み節なら、この歌詞は死後も憑りつく勢い。 ダンス系でもないのに掌を叩く音リズムがあり怪しい感じの曲だ。 8「ペルシャ」 スローな民俗音楽調イントロから始まる。 夜会に登場する予定のペルシャ猫のことを指しているのだろう。 優雅な体の猫が居眠りをしている姿が思い浮かぶ。 かわいい声で歌うのかと思えばシリアス系+なつかしい系。 歌詞はそこまで深刻ではないが、飼い主の帰りを待ちながら年間約8万匹が殺処分されている犬猫のことを少し思いだした。 9「一夜草」 “一世”と言葉をかけているのだろうか。 とても気持ちのいいワルツ。思わず歌いたくなる。 アコーディオンやギターの響きがきもちいい。 10「India Goose」 吹雪の音がイントロ、間奏に使われている。 この曲は瀬尾一三プロデューサーらしい夜会のクライマックスらしい1曲だ。 勝ち組の波に乗れた者や幸せな来世を願い安楽死を選ぶ人が特集されるこの世の中。 本作のラストは、か弱いながらも生きることをまだ止めない小さな命を歌う。 インドガンはエベレストも越えるかわいい鳥 人間も負けてはいられない。人生は一度きり。 夜会曲が6曲目から10曲目まで占めている本作は、「身体の中を流れる涙」や「India Goose」以外、夜会曲と言われても気が付かない。全曲すべてが溶け込んで問題集となっている。 10曲がとてもあっという間だった。比較的ライトな曲調と親しみの持てるメロディなため、「I Love You,答えてくれ」や「荒野より」で苦手になってしまった方にも聴いてもらいたい1枚だ。
2014-11-06 04:32:19 曲が同じデータ 曲が同じデータなんですが麦の唄と泣いてもいいんだよのデータ?が同じなのですが? 修正してくれませんか?250円が無駄になった。
2014-11-06 00:37:10 みなさん、ダウンロードできてますか? ”麦の唄”を単独およびアルバムで購入してみましたが、購入済みと表示され、再ダウンロードしてみるのですが、”泣いてもいいんだよ”しかダウンロードできません。
2014-10-31 03:45:16 泣いてコラボ 泣いてもフル聴いてみた。 完全にみゆきさん世界! これでコラボとかしたらももがダンサーで踊るくらいしか想像出来ない。
2014-10-30 05:30:01 マッサン 毎日マッサン見ています。流れてくるとなぜか涙がでそうになります。 さっそく買ってみましたが、歌詞もよくて素敵な曲だと思います。
2014-10-28 18:36:31 故郷に『帰りたい』。 僕には、南米で生まれ、幼少期を過ごしたのちに日本に来た祖父母がいる。母方の曾祖父母は皆、日系一世にあたる。この楽曲を聴いて、ふと彼らが考えていることのほんの一端を感じられた気がする。今彼らが身を置いているのは日本である。だが、その『故郷』は確かにペルーにあるのだ、と。 祖父母のごとく心を燃やし、ちょうど100年前に現地で日本料理店を開業した祖父方の曾祖父のように『明日へ育』つ生き方を常に心掛けていきたい。 そして、願わくはその『故郷』に必ず一度は帰りたいのである。
2014-10-28 15:59:37 アートワークが表示しない。 曲は楽しみにしてた通りで良かったですが、アートワークが正常にダウンロード出来ないみたいです。対応願います。
2014-09-04 09:15:23 ギターが泣いている ほんと素晴らしいアルバムです。 みゆきねえさんの泣き、そして増田俊郎さんのギター。。泣いてます。 素晴らしいアルバムです。
2014-07-18 18:14:29 前原一誠は中島みゆきのファンだと思う。 「萩の乱」首謀者で語られる前原一誠。 この人の伝記を読んで、この歌を思い出したのです。←「瞬きもせず」 ※中島みゆきさんの誕生日は2月23日です。
2014-04-26 11:28:31 素晴らしい。 夜、ふと考え事をしたとき。この歌を聴いていると、なんだか気持ちがポジティブになっていく。 喜びかなしみ繰り返し。ここで私は気持ちが変わる。 ありがとうございます。
2014-02-28 06:10:49 このアルバム このアルバム小さい頃、父親が車でよく流してて中島みゆきの曲でも特に好きな曲が集まったアルバムです。なんだか落ち着く曲がいっぱい
2014-01-12 01:15:24 歌詞がイイ(≧∇≦) ヘッドライト・テールライトって曲めっちゃイイですよ〜♪アニメ「日常」の挿入歌として入ってて、感動したわ!
2014-01-11 10:06:59 SE・TSU・NA・KU・TE 基本楽曲はオリジナルアルバムを買って聴くのですが、カップリング曲でありアルバム未収録の「SE・TSU・NA・KU・TE」や「目を開けて最初に君を見たい」「幸せ」など名曲ぞろいです。同じくアルバム未収録の「瞬きもせず」や「旅人の歌」「命の別名」などのシングルバージョンも収録されていたりと、買って損のない一枚です。
2013-11-19 22:55:08 00年代の中島みゆきの魅力は徹底したリアリティと他人愛 最初にこれまでと違うものを感じたのは今から10年ほど前「銀の龍の背に乗って」を聴いたときだ。 それは二番の歌い出しからサビまで、か細く息を吸うのも苦しそうな歌い方だった。 ライヴでは見かけた歌い方だが、ついにスタジオ録音にも取り入れたのかとそのとき感じたものである。 それまでは90年代のアルバム「LOVE OR NOTHING」や「私の子供になりなさい」の中の激しい歌でさえ、 激しくも音楽の音としてキレイにとらえた歌い方だったように思う。 しかし、2000年以降、アルバムの曲、夜会曲を含め、激しさとは別の”荒々しさ”を取り入れた曲がとても多くなっていく。 一見、音楽としてどうなのだろうと受け止められることも覚悟しないといけない方法かもしれないが、 音楽の音としてではなく、”言葉として届ける”ことを追求していった結果、 この方法にたどり着いたのではないかと個人的に感じている。 プロデューサー兼編曲者の瀬尾一三はラジオ(坂崎幸之助と吉田拓郎のオールナイトニッポンゴールド2010年10月18日放送)で、 演奏隊と同時録音であること。パターンとして何テイクか録るけれど、 細かな歌い直しは一切しない。アイソレートはするが音が団子になる部分が残っていても気にしない。と話していた。 二人の徹底したライヴ感の追及が今の形になっているのだと思う。 もう1つ、2000年代の魅力は、やっぱり歌詞。 2007年「一期一会」、2009年「愛だけを残せ」、 2011年「荒野より」「バクです」、2012年「恩知らず」 それぞれの共通点は、別れに際して自分のことよりも他人を思いやる気持ち。これに尽きる。 この歌詞にまだ出会ってない方にはぜひ読んでもらいたい歌詞だ。 大人でもこういう気持ちにはなれないかもしれない。 しかしわかる人には瞬時に泣けるほど理解する内容なのだ。 徹底したリアリティを味わうためには、聴く側も経験者でなければならない。 いつの日か、曲の主人公のようになれるよう人間を磨きたいものである。 これほどの歌詞を伝えるためには、やはり先に書いたリアリティの追及が不可欠だったのではないだろうか。 うるさいとか、疲れるとか、歌詞を見ない人や響きだけを評価する人には残念ながらわからない世界なのだ。 ここにきて、単なる音として聴く音楽と捉えた解釈で、中島みゆきを評価するのは出来ないのではないだろうか。 ブックレットの中の日本語歌詞の横には各曲、英訳の詞を日本語の詞と同じサイズで印刷されている。 伝えるべき”ことば”を大切にしているアーティストだ。 オススメの曲 十二単の2曲目に収録されている、「時代ライヴ2010~11-」は、93年のシングルの流れをくんだ演奏なのだが、 明らかにシングルの歌い方とは違う。 シングルは近寄りがたいほど神々しくどこまでも澄んだ歌唱だった。 ライブ版では、詞の内容により近い切ないトーンのアカペラで始まり、 言葉を一音一音噛み締めるように歌われている。 同じく年を重ねた者として、話しかけ、エールを送っているような歌い方だ。 その時の姿は、初回限定のDVDを見ればわかるが、飾り気が無いとても素朴な衣装である。 21年ぶりの生歌にファンは、恐らくもう歌ってくれることはないだろうとも思ったのではないだろうか。 震災を越えた2012年、中島みゆきは「前回のツアーで歌いましたが、どうしても、私のわがままですが、 この曲をもう一度歌わせてください。」そう言って、もう一度、この時代を歌ってくれた。 時代という曲は、特別な曲だ。 中島みゆき世界の答えが詰まっている。 「それでも、生きてゆく。」 中島みゆきの約40年間に及ぶ言葉なき言葉である。
2013-11-06 11:10:30 聴いて一人で泣いた。 車の中で。全てが溢れてきた。でもひとしきり泣いたら次に向う気持ちに変わってた。自分にとっては大事な1枚。
2013-10-12 06:48:31 故郷 を離れて暮らしているわけではないけど、「ホームにて」は何度いつ聴いても、イントロだけで胸が詰まって目頭が熱くなる。文句なしの名曲です。
2013-05-13 06:23:18 詩の巧さに酔う。 個人の好みかもしれませんが、このアルバムの詩の巧さは 一番です。「金魚」の「きらりひらり人生が逃げる。」なんか、 どれだけ身につまされたか。 あれから30年。思いが積もるほど、詩の巧さがコクを増す。 まさに上質の蒸留酒です。
2013-04-19 04:17:02 みゆきのアルバムで最高傑作だと思う! 今や、10代20代が路上LIVEで歌っているのをたまに聞く名曲「糸」や、ドラマの主題歌の売れ線的な「浅い眠り」、夜会でのシーンが思い出される「EAST ASIA」「二隻の舟」新宿二丁目のゲイバーのママ達が泣きながら歌っていたと言われる「誕生」など・・・ 珠玉の曲が詰まっている中島みゆき初心者には必ずこのアルバムをお勧めします。 特に「糸」は、いい曲だなぁと昔からお気に入りの曲で、この曲で、まさか中島みゆきの曲が結婚式で聞けるようになるとは思いませんでした。
2013-04-16 02:45:05 中島みゆき 中島みゆき最高(〃▽〃) 荒野より。感動← 南極大陸というドラマをきっかけに この歌を好きになりました(〃▽〃)♡
2013-03-17 13:36:13 sitamatino jilyoou yamanotenoge umasugiru!!! meniukabu jilyoukei !!nakajimasannno nakajimasantaru sakuhinn to watasiha omoimasu!!
2013-03-14 10:15:01 心守歌 中島みゆきのセンスの良さ?には本当に驚かされる。 到底、他者が考えもつかないタイトルをいとも簡単に、さもそこにあるかのように選んでいる。それでいて、ずっとそれまでも使われていたかのごとく違和感がない。今回もまた、である。 やはり白眉は『心守歌』じゃないだろうか。 私自身これは2000年代の『夜曲』だと思っている。 私が今一番彼女のライブで聴きたい曲がこれ。 しかしながら、2013年までのライブでは一度も歌われていない名曲。 言葉の使い方が素晴らしいの一言につきる。改めて、日本語の美しさと、言葉の大切さを身にしみる一曲である。 そんな曲を一度で良いから生で聞いてみたいものである。
2013-03-14 09:47:25 久しぶりの夜のアルバム その名の通り、昼も夜も点いているのに暗くなるまで解らない常夜灯。 なんて言うかそんな感じのアルバム。 特にお気に入りは『あなた恋していないでしょ』という曲。 なんて言うか、場末感というか、ホントにたまらないんですよ。 なんだか、見透かされたきになったりしてね。 ある程度の恋愛を重ねてくると、まさにそんな感じなんだな。
2013-03-13 23:44:51 肩に降る雨 まだまだ、高校生だった頃に意味も分からず泣いてしまった曲。 もちろん、このアルバムには直接的なわかりやすい楽曲もあるけど、やはり今だからこそ解るこの曲は今でもこのアルバムのベストテイク。 優しいね。
2013-01-28 21:13:13 ファイト! いい 「〜なやつらが笑うだろ、ファイト!」CMで聞いて涙が出た 「がんばろ、頑張れる、進もう」と思えた。悩んでる子供達、頑張ってる、諦めかかってる皆に、自分に、ファイト!と思った。 ネットで探して、色んな歌い方あって(どれも良かった),でも、これがダントツ、身体が熱くなった。歌の力って凄い‼
2012-12-07 05:42:03 オリジナルアルバムでは一番凄い 初めて聴いた時は何とも言えなかったのですが(正直びっくりした)、聴けば聴くほどこの良さが簡単にわかったらつまらないと感じる、そんな不思議な魅力のアルバムです。 「泣きたい夜に」はとにかく素直に泣けます。誰にも言えないし、言ってもわかってもらえない孤独な気持ちが慰められるような名曲です。
2012-12-07 05:27:31 化粧。 「世情」や「わかれうた」が有名ですが、「化粧」こそこのアルバムで一番の名曲だと思いました。 これを聴いて泣かない女なんているのかと思うほどに、失恋した女性の心をよく掴んでいます。 失恋歌の女王と言われるみゆきさんだけど、男の前で泣かない・追いかけない・潔い女が案外多く登場してるのですね。
2012-11-22 07:42:49 素晴らしい!! 父の影響で小さい時から聞いていて、大学生ぐらいになって中島みゆきさんの魅力がわかるようになりました。 歌詞とその力強さが大好きです。 本当に素晴らしいアーティストです(≧∇≦)
2012-10-25 07:39:44 サラリーマンの星に別れを告げて、酒場の女主人に復帰しました 「恩知らず」は思いっきり80年代だったけど アルバムとしては「LOVE OR NOTHING」ぐらいまで戻った感じかな? 近年のがなり歌唱がぐっと抑えられてて、艶っぽい歌声が存分に楽しめます。 メロディメーカーとしては最早全弾撃ち尽くしましたと言いますか(笑) 昔の曲をちょこっと手直しみたいなのが多いよね。 「倒木の〜」なんて「泣かないでアマテラス」みたいだし 「オリエンタル〜」はまんま「サーモンダンス」だしさ。 その他の曲も、絵合わせみたいに昔の曲で似たのはある。 でも、今回は歌詞がいい。 平易な言葉を反復するだけの曲が減って、物語性の高い曲が増えてる。 特に「スクランブル〜」と「風の笛」の2曲は名曲。 ここまでできるなら、次はバックミュージシャンまで純国産のアルバムが聴きたいなあ。 これからの年齢考えると、絶対そっちの方がいいと思うんだけどな。
2012-10-20 04:57:57 中島みゆきという人間の偉大さを知った いったいどんな人生を送ってくればこんな歌詞が書けるのだろう 自分には一生かかっても理解できないことだらけだろうけど 中島みゆきという人間の偉大さだけは少しわかる気がする
2012-10-09 11:07:00 頭から離れなくなる曲 近年のシングルではいわゆる‘がなり’のある壮大な曲が多かったのに対し、この曲はリズミカルでノリの良い印象。 ゆえに幅広い年齢層の人に聞きやすいと感じられる一曲ではないだろうか。 中島みゆきさんはなんと還暦だというがまだまだ色褪せることのない歌声と、美貌には圧巻です!
2012-05-21 19:15:57 長い旅への出発点 たしか本人初セルフプロデュースでTrack1~Track4までアレンジもやっています。Track5からは井上尭之氏によるアレンジです。音源全体としては、なんでこのアルバムだけってくらい音量や音圧が小さいように感じるのが残念です。アナログ時代のリマスタの呼び声は高いのですが、いつ実現するのやら。Track1「この世に二人だけ」は、最初ユーミンが歌ってるのかと思うような、歌詞、アルバムジャケットとあいまってアンバー色の海岸なんぞをイメージできる小粋なスローテンポの曲です。Track2「夏土産」もまた前曲と季節感が似ているような感じでつながります。美しいピアノメインの伴奏をバックに、まるで短編小説のように物語がはっきりとイメージできます。 Track3「髪を洗う女」 みゆきは時々、女の「オンモード」と「オフモード」が切り替わる様子を歌にします。「化粧」「ルージュ」「クレンジングクリーム」など、女はそのまま女ではなく、「女になるもの」であることを、まざまざと見せつけられます。メイクは仮面、髪は兜、戦闘具を脱ぐとき、鏡などを通して本当の自分の気持ちのありようを再認識するのです。まるで、怪談話に出てきそうな様子で女が暗がりでゆっくりとゆっくりと何度も髪を撫で付ける場面が浮かんできます。こわひw Track4「ばいばいどくおぶざべい」意外にもみゆきは洋楽ロックを聞き込んでいます。ド日本語歌詞にド洋楽ミディアムテンポロック(R&Bであってるのかな)という面白い組み合わせです。 Track5「誰のせいでもない雨が」エコーを全くあるいはほとんど掛けていない声が直球で来ます。何を歌ってるのか、戦争か又は学生運動か、ぼやかしていますが、喪失、抑えざるをえない怒りといったものが伝わってきます。この曲も人それぞれに情景が浮かんできやすい歌だと思います。「怒りもて石を握った指先は眠れる赤子をあやし抱き 怒りもて罪を穿った唇は時の褥に愛 を呼ぶ」はまさに作詞を超えて現代詩といえましょう。本音源では抑え気味の歌い方ですが、わりと近年でのコンサートで披露された時は「おらび」から「叫び」へと表現豊かな歌唱で、圧倒されました。 Track9「ファイト!」最近は様々な歌手にカバーされています。ちなみに竹原ピストルがカバーしたのが一番好きです。余談ながら伊集院光氏がラジオで「おまえー田舎の町に足で砂ばかけて出て来たんだろう!」って冗談で言ってて、意外な人が歌詞を詳しく覚えてることに驚き、大笑いしました。エコーなし(若干多重エフェクトはかかってるかも)、もういっぱいいっぱいで折れてしまいそうな声で歌い始めます。最後の「ファイト!」の叫びも誰にでもない、自分に向かっての叫びかもしれません。このあと、みゆきは長い間、音の模索期間に入ります。その決意も込められているかもしれません。 阪神大震災のあった年、この歌をみゆきの限界を超える声で「叫び」のように歌いました。歌う前に「夢は叶った方がいいです。でも形を変えなければ叶わない夢もあります。あなたの夢がかないますように」といった内容を言いました。これは他者に向かっての「ファイト!」です。2007年のコンサート(商品化DVD,CD「歌旅」)では微笑みながら歌いました。もしかしたら、人々に対するこれまでの生きる努力への賞賛を込めての「ファイト!」かも知れません。このように同じ「ファイト!」でも発表される度に対象が変わっていく面白さを感じられると思います。スタジオで新録音での「ファイト!」をそろそろ聞きたいところです。
2012-05-21 01:58:18 まとまりのある名盤 ここ数年では一番よく聞いてるアルバムかもしれません。ただしTrack10「4.2.3」はちょっと曲のクオリティに疑問が残り、ボーナストラックということにしています。 Track1「わたしの子供になりなさい」は、アルバム「36.5℃」の「極楽通りへいらっしゃい」へ通じる、サラリーマン殺しの癒やしソングです。「笑ウせえるすまん」で、奥さんに邪険にされているサラリーマンが喪黒服造に紹介されて、家族に隠れて観音様に甘えに通い、例のドーンで、全裸のサラリーマンがものごっついおばちゃんのお乳をチュウチュウ吸ってる回を思い出しますw Track3「命の別名」 みゆきの目線はいつも低いです。どんなに努力しても、報われない、効率と成果を飽くことなく追い続ける社会に適合できない、私も含めてそういった能力の低さに自己嫌悪に陥る人は少なくないと思います。私はこの曲の歌詞「何かの足しにもなれずに生きて 何にもなれずに消えていく 僕がいることを喜ぶ人がどこかにいてほしい」に深い共感を覚えます。 長い不景気で、大卒ではない人、英会話の出来ない人、資格を持ってない人と、どんどん「無能」の定義が拡大しています。そしてアルバイトという子供の駄賃のような給料で働かせることを強いられる人が拡大しています。(ましてTPPで日本はどうなるのでしょう) この曲から、脈々と続く社会の支配構造に気づかされます。 Track8「木曜の夜」非常に軽快なリズム、単純なメジャーメロディー、かわいらしい声で「待つ女」を歌います。ところが、果たしてこの待ち合わせ、非常に謎めいてます。誰を待ってるのでしょう。歌版「ゴトーをまちながら」だったりして。 Track9「紅灯の海」がっつり男歌です。みゆきは、男歌と、女歌が書けて、両性から「なぜ俺の気持ちがわかるんだー」「なぜ私の気持ちがわかるのー」と共感を得ることが度々あります。めっちゃかっこいい三拍子です。最後は月夜に吠えるように歌います。「紅灯」は赤提灯で、飲み屋に提灯が沢山ぶらさがっている様子を表現したものと思いますが、歌いきったあとの静かなチェロパート、それに延々と続くグロッケンのようなサウンドのリフレインによって、夜の海で波が満ち引きする様を想像させます。今のところ、みゆきソングで私のNo1ソングです。 Track10「4.2.3」ペルーの日本人人質開放の瞬間をツアー先で見たと、コンサートでみゆきがいいました。しばらく言いよどんだあと、いつか曲にしたい、と言い、思いがけず1年も経たないうちにこの曲になりました。まったく、見たまんまを、あえて作詞テクを排除した文章のように歌います。先にも書いたとおり、みゆきの目線はいつも低いです。 応戦で銃撃された兵士がほとんど、カメラに注目されなかったこと、アナウンサーも何にも触れなかったことを怒りを抑えるように歌っています。 この目線の低さが後の「地上の星」「ヘッドライトテールライト」という名もなき勇士たちを称える歌を産んだのかもしれません。 ひょっとしたら、「男たちの大和」みたいに、兵士や自衛隊をテーマにした映画なりドラマの脚本が良い出来で、オファーをすれば、良い曲が生まれるかもしれません。
2012-05-21 00:43:15 広がりを感じる作品 リリースは1992年、TK全盛の頃で、どういった音を奏でたら伝わるか非常に悩んだことと思います。リリース前に天安門事件や、多国籍軍によるイラク制裁がありました。 少なからずTrack1「East Asia」には、それに対する思いが込められていると思います。壮大なストリングスの中、自らを柳絮(柳の種子でタンポポの綿毛のようなもの)に例えて、 国という概念に縛られずどこへでも行ける、そして心は誰にも縛られることのない、といった「自由を抑制された国の人への自由への応援」を歌っているように思います。 Track3「浅い眠り」は、フジテレビ「親愛なる者へ」という、浅野ゆう子、柳葉敏郎主演のトレンディードラマ主題歌です。ドラマタイトルどおり、みゆきの歌詞がそのまんま台詞になってたりする非常にエキセントリックなドラマで、毎週爆笑してました。シングルカットされたこの曲もそこそこ売れたようで、TK氏のミリオンが当たり前の時代にあって、多少肩身の狭い思いを していたみゆきも、堂々と(当時)ポニーキャニオンの廊下の真ん中を歩けるようになったのではないでしょうか。イントロのジャンジャーンは、ドラマプロデューサーのリクエストだそうで これはドラマ主題歌の演出としては、「正解」だと思います。 Track5「誕生」は、今じわじわと世に知られつつあるTrack9「糸」とともに、もっと世に知って欲しいと長年願っている名曲です。人は生まれることそのものが「尊い」と、残念ながらこの世では、たぶんそうじゃないケースも多々見受けられますが、あえて潔く言い切っています。私は、父の骨壺を抱えて車に乗っているときにカーステレオからこの曲が流れてきて、不覚にも涙しました。いつだって、生まれることと死ぬことは表裏一体です。 Track7「妹じゃあるまいし」カントリー調でハモりが面白いです。ちょっと練習すれば誰でもハモれます。地味だけど好きな曲です。 Track8「二隻の舟」彼女のライフワーク「夜会」のテーマソングです。夜会では一部だけ歌ったり、変拍子にしたりしますので、オリジナルはこれ(vol.1で披露された形に近い)ということで抑えておくといいと思います。「おまえ」と「私」(夜会によってこの二者は様々に変容する)は、例え物理的に離れていても固く結ばれた存在であり、しかしながら、「おまえ」と「私」は同体ではない「個」であることを、舟に託して歌った壮大な曲です。 Track9「糸」 バンクバンドさんなどのカバーのおかげで最近にわかに、再注目を受けつつある曲です。もし、1曲買いするならこの曲をぜひ。変哲も無いただの「モノ」に、魂を込める作詞家としては近年ではみゆきを置いて他にいないと勝手に思ってますが、まさにその真骨頂とも言える名歌詞です。元気になれます。これ以上はお楽しみということで、じっくり歌詞をかみしめて聞いてください。
2012-05-20 23:37:49 堂々の藁人形に五寸釘ソングたち なにかとテレビのバラエティで流れるtrack1で始まります。このアルバムは、80年代後半から90年代にかけて流行った音をトラック毎に録っていく手法ではなく、バンド演奏と同録で録っており、今またこの10数年ほど、みゆきは原則的にこの同録法でレコーディングしています。驚くことに、この「うらみ・ます」は最後のサビでは本当に涙を流しているかのように、殆どメロディになっていない叫びになっています。これは、深夜に部屋を暗くして聞いているとオーディオから何か出て来そうな勢いです。 一転、track2は、前曲の女を慰めるような優しく包み込むような曲にガラリと変わります。track6~track8にかけて、私小説「女歌」に出て来た「エレーン(小説ではヘレン)」が主人公になります。 コンサートでもこの話は出ており、おそらく交友のあった実在の人物と思われますが、ヘレンは当時同じマンションに住んでいた「ジャパゆきさん」で、何かとみゆきに人なつっこく接します。 でも、その人なつっこさには、深い孤独があることをみゆきは察します。ある日、ヘレンは変死体で発見されます。「異国」は、帰国も出来ず、どこにも行き場のなかったヘレンへのレクイエムとも言えるでしょう。このアルバムのテーマが「恨み」であるとするならば、それは「心の中にいつまでも残ること」であり、「忘れられないほど価値のあるもの」なのかもしれません。 track4「蕎麦屋」は、数多くのみゆきの楽曲の中でも、どこにでもある身の回りの情景を総動員して、心の動きを表現する得意な作詞手法の最骨頂と個人的には思っています。 最後のリフレイン1フレーズは、一言も感情を歌ってないのに、今その状況の感情がそこにすべて集約されています。  録音手法、「うらみ・ます」のあのテイクをOKテイクにしたこと、全体的にダークな作りとそれに呼応する真っ黒のジャケット、感情表現をなるべく排除して情景に感情を語らせた「蕎麦屋」 非常に実験的なアルバムです。
2012-05-20 22:51:43 痛いアルバム あえて言おう、みゆきが初期に出したこのアルバムは「痛い」と。これは今、若者の間で流行っている「イタい」(空気が読めない行動で滑っている様子)ではない。人が生きていく上で避けがたい、痛み、自分のズルさ、根性のなさ、無鉄砲さを、ストレートに叩きつけてくる。曲調は基本フォークだが、歌詞は限りなくロックである。私は、特に初期のみゆきの作品群は、溺れる人に手を差し伸べるのではなく、さらに水の中に頭を押し込む歌だと思っている。実際、溺れる人が混乱して危険なときは、一旦沈めることもあることをライフセーバーなど訓練されてるそうだ。 作品中の人物が足掻く姿を自分に投影させることで、今自分が置かれた状況、どんなに情けなくても逆風を受けながら崖の上に立ち続けなければならないことを思い知らされる。 このアルバムには、「がんばったら幸せになれるよ」なんて甘言は一言も出てこない。 今の若いシンガー達はメロディーメーカーや音の作り込みは非常に匠になっているが、某掲示板の言葉を借りると「翼広げ過ぎ 桜舞いすぎ もう一人じゃなさすぎ 母親感謝されすぎ」で耳に心地よい。 今こそ、自分が何者であるか、何をしたらいいか、何の価値も無いんじゃないか、悩んで今にも死にそうな若者に聞いて欲しい、みゆきの作品群の最初の1枚である。 答えは得られなくても、たぶん何かが変わるだろう。人は他人との相対評価の中で悩むし、それからは容易には逃れられないけど、それでも意味も分からず崖の上に立ち続けることを。
2012-05-17 02:54:13 炎と水 感性の鋭い時代にこの曲に夢中になり、 炎たる女性になりたいと真剣に思いました。 曲想の拡がりと豊かな歌詞に、今も心洗われます。
2012-05-11 19:37:29 ファイト! フォークソング系の歌は嫌いだけど、中島みゆき さんだけは特別。 彼女の歌は宗教なんかよりも、よっぽど、人々を慰め、勇気づけていると思う。 宗教はなんやかんやで金をむしり取り、従わない者には恐怖を与える。 中島みゆき さんは素晴らしい楽曲を安価で提供され、税金も普通の人々と同じ様に納めてらっしゃる。彼女こそ、真のアーティスト!
2012-04-04 23:15:27 南極物語のBGMにぴったり ドラマの最後に流れる曲で、タロとジロ達(樺太犬)が南極隊に置き去りにされるシーンが印象的で、 倉持演じる木村拓哉さんが「タロー!!ジロー!!」と船尾で呼びかけていたシーンが最も印象的でした。 その最後に流れていた曲が、この曲で物語りに相応しい心に響く曲だと感じました。
2012-02-13 02:18:53 なんと‼もう10年以上経っていたのか このベスト盤はタイトル通り2000年にCDが発売されたのだが いやはや全く古さを感じさせない というより地上の星からもうそんなに経っていたのかと驚かされる プロジェクトXも終了して随分経つというのに 「配信」という当時まだ普及してなかった現在の主流ですらロングヒットを続けるとは… やはりこの時代の人達はセンスもパワーもずば抜けてる 今の事務所や会社の力に頼らない 自分自身の力と曲でここまでのし上がっているから下地が今の音楽屋と違う 恐らく2020年にもこのベスト盤聴き続けられるだろう
2011-11-26 21:15:18 犬と2/2 南極大陸と2/2が中心の構成なので、2/2が判らないと曲の背景が見え難いものが多いです。表題曲だけで購入する、みゆきビギナーにはあまり勧めません。 1.「ぼく」はカラフト犬ですね? 9.知らないとちょっと解りにくいぞ。でも、好きだな。11.こちらも犬かなぁ…。
2011-11-19 03:03:40 良いですね 中島みゆきらしい曲がたくさん。メッセージ性というか社会性のある曲もあり、自分の人生などと重ね合わせてしまいます。 荒野より、走、BA-NA-NA、帰郷群などが好きです。
2011-11-16 18:34:21 身に染み入る傑作です のっけから先行シングル2曲からはじまるので、心配していたのですが、心配など全く必要なくむしろだからこそのこアルバム全体が聞きやすくなっているように感じました。 今年の夜会に使われるであろう曲が3曲入っていますので、曲によっては歌詞に唐突な印象を持つかもしれませんが、バラエティ豊かな曲達が見事にひとつのアルバムとして統一感を出しています。まとめかたがさすがだなと思いました。 今年は3.11の震災という悲しい出来事がありましたが、このアルバムを聴いていると前に進まなくてはという気持ちになります。 11曲目の「走(そう)」は来年お正月の大型ドラマ『忠臣蔵~その義その愛』の主題歌に決定したと言うことですが、この格好良く強力な曲はとくにたくさんの人に聞いて欲しいです。 全ての曲が素晴らしく、バラバラなのにまとまっていて、身に染み入るような傑作に仕上がっています。
2011-11-16 04:17:46 夜会の予行演習アルバム タイトルナンバーの他にも曲を聞いてみたいという人には正直あまりオススメしません… 今回のアルバムは、表題曲に加え、今年三度目の再演となる2/2で演奏されるであろう曲、またすでに以前の2/2で聞き覚えのある曲がかなり含まれます 同じく夜会の曲で構成されているアルバムなら、10wingsや転生、DRAMA(SENPOの曲も含まれるので純粋に夜会アルバムではないかも?)の方が流れがききやすい。 まぁ、2/2を見たことある方なら耳馴染みのあるような気がする曲も含まれているので楽しめるかもしれないです 個人的には夜会のある年に出るアルバムが夜会色強くなるのは嫌いではないですけど。
2011-10-31 17:23:45 迫力がある 曲名を見るとTOKIOの歌とのイメージがあったが、そう思ってしまったことが失礼に思えるほどの迫力を感じる歌い方だった。
2011-10-29 19:29:00 南極大陸を見て気に入りました!! 中島みゆきさんの曲には、いつも勇気をいただいています。 「南極大陸」で流れているのを聴き、感動したのでDLしました。 人生の荒野にいる人たちには心に響く曲であり、 たくさんの方たちに聞いていただきたい一曲です。
2011-10-26 20:34:55 やっぱり最高! みゆきさんの音楽はやっぱりいいです! 南極大陸のストーリーと合わせて聞くと感じるものが二倍になります。
2011-10-26 08:59:43 援歌です。 もはや演歌ならぬ、「援歌」です。 今、まさにご自身の「荒野」で踏ん張っている方や、何か心の支えが欲しい方には、価値ある200円になるかもしれません。 そのようなものが必要ない方には、ハッキリお薦めしません。
2011-10-25 13:06:00 ドラマ『南極大陸』主題歌 ドラマ『南極大陸』を観たとき、主題歌のこの曲をほしいとすぐに思った。 ドラマを盛り上げるのに、効果的だったと思う。 このような早いタイミングで、iTSでリリースされることはありがたい。 早速DLとして拝聴。「いつもの感」が無いでは無いが、みゆきさんの歌は優しくて、厳しく、胸に響く。
2011-10-25 09:43:51 胸にきます 本当に、形に出来ない感情を代弁してくれる中島みゆきさんには脱帽です。 夫を亡くした私にとって、この歌は何よりの支えです。
2011-04-22 09:48:08 タイトル「いまのきもち」が示すもの 収録楽曲の年代を見ると、1980年頃を中心に前後4~5年ってところですか。 アルバム的には「生きていてもいいですか」の頃と思われ、タイトルが何だか謎掛けのようなメッセージのような、そんなことを考えてしまいます。 オリジナル曲が耳に残った自分にはアレンジに違和感の残る曲もありましたが、当時できなかったことや解釈を変えたところなど、きっと「いまのきもち」のままなのだろうと勝手な想像をふくらまさせてくれる、そんなアルバムです。
2011-04-06 05:57:06 アルバム単位が二つ とろ、お月さまほしい、の2曲が、アルバム単位の表示で別れて表示されてしまいました。 購入時、読み仮名が未入力だったための様です。 手で入力したら1つのアルバムとして表示されました。 宙船はやはりいいです。前向きになれる。
2011-03-21 06:03:25 南三条 初めてこの曲を聴いたのは、中学3年生の時でした。もう、17年も前のことです。 難しいことはよくわからないけれど、とにかく衝撃を受けました。
2011-02-25 09:18:04 おじさん、トラックに乗せてよ♪ 落ち着いて熟睡できるので、寝るときのBGMにしてましたね、オールナイトニッポン聴きながらですけどね。怖いくらい心に入り込んできます。
2011-02-10 06:45:08 はじめて 泣ける曲に出逢いました。 ある人に、聴いてみてって 言われて、購入… 私が伝えたかった事を、伝えきれなかったことを 全て、歌い上げてくれていると感じました。 I Love you,答えてくれ… はじめて聴きましたが、一生の歌として 心に刻まれたと思います。 他の曲も聴きたくなりました。
2010-12-02 05:59:41 初期の中島さんのアルバムはなぜリマスタリングされないの? 個人的にはこれと臨月がめちゃくちゃ好きで、ギターを買ってからは毎日のように弾いてました。 私も初めて聴いたときはなんか泥臭いなあと思ってましたが同時に歌の世界観に引き込まれてしまい、 そのパワーや風景を形作る能力にすっかりまいったのを覚えています。 1stが割と正統なフォークだったりエスニックな民謡調の、当時よくあるニューミュージックしてたんですが、 本作はさらにR&Bからバラードまで色んな才能を見せてくれるアルバムになっています。 転んでもただでは起きない女、中島みゆきの魅力が詰まってます。
2010-10-22 19:45:55 「ヴォーカリストみゆきの」一押しのアルバム 中島みゆきがヴォーカリストとして最高のパフォーマンスを発揮している、渾身のアルバムだと思う。 全曲すばらしいが、思い出に残るのは学生時代ギターコピーを試みた「おまえの家」。 感情の微妙で細かい襞を、見事に表現している「ミルク32」。 自分なりの思い入れで、思い切り泣いてください。
2010-10-21 08:58:00 やはり良いですね 以前はCDを購入していたのですが、全てitunesでダウンロードをして購入してしまいました 今はiPODで聴いていますので、最新版を楽しみにしていました しばらくはずっと聴きまくりになりそうです。 pingの登録アーティストにみゆきさんが早く加えてもらいたいです。
2010-10-21 06:27:23 久々に鳥肌 真夜中の動物園、小さき負傷者たちの為に、を聞いて 中島みゆきはやっぱりスゴイと思いました。 癒されたり、勇気をくれたり、 その時代、時代で大切な音楽を提供してくれます
2010-10-17 06:33:53 元気になれた! このアルバムが発売される一週間前につらい出来事があったばかりでした。 このアルバムが、今の自分の心境を救ってもらえるものになるとは。 みゆきさんは、すばらしいです。特に「負けんもんね」に元気になりました。
2010-10-14 20:54:37 いいです(^-^)/ 最近のアルバムにはない曲調の歌が多く、懐かしいような新鮮なような感覚で聞きました。お気に入りは鷹の歌ですね。あとサメの歌のアレンジがなんか耳からはなれません。
2010-09-14 07:07:30 十年ぶり・最良! 二十歳前後の頃、中島みゆきさんの歌に、魅了されました。ここまでメッセージ性のある歌詞を歌っているのは、中島みゆきさんだけだと思った。 毎日、車で聴いていました。 この間、久しぶりにテレビで聴いたのをきっかけに懐かしくなり、今回、「空と君とのあいだに」を購入しました。他の曲は、全て持っていますから。 「君が笑ってくれるなら、僕は悪人でもなる」という歌詞が、今の時代でも、やっぱり、良いです。 今は、受け入れられない考え方だけれど、歌を聴くことで、ここまで愛される夢を見ることができます。 自分ひとりで聴くための曲としての、こういう曲は今の10代、20台の人には、書けないと思います。歌の魅力は歌の上手さだけではないと、わかります。 「命の別名」「たかが愛」「愛情物語」も、それぞれ全く違う歌い方ですばらしいですよ。
2010-08-31 07:06:49 自分と重なった時 このアルバムが発売された頃、私は専門学校生だった。当時、付き合っていた彼女との状況が重なった、僕たちの将来を聴いたとき号泣したことを憶えている
2010-03-27 12:55:30 瞬きもせず・・・(涙) 人間の汚さと美しさを日本語という限られた言語で、声色を使い分けてここまで歌い諭してくれるシンガーは他に見当たりません。 最近のポップスにありがちな「俺(私)はこう思う、みんなもそう思うだろ?思えよ」みたいな一体何様?的な歌詞ではなく、常に人間の正さとは何か?を追究し続けるスタンスには脱帽です。 日本中の人がこの方の歌を聴けば、イジメなんてなくなっちゃうんじゃないかと思います。
2010-03-26 01:33:06 そこに・・・ ミラージュ・ホテル それは幻想の中に現れる現実 朔に浮かび上がる蜃気楼 空中に浮かぶ地底ホテル いつの時代なのか どこにあるのか 誰にもわからない でも いつもそばに感じる 誰もが知っている 誰も知らないホテル
2009-12-04 02:29:26 まさにDRAMA! 前半7曲は吉川晃司・主演のミュージカルに提供した楽曲。 後半6曲はみゆきさんライフワークの「夜会」からの楽曲。 前半は舞台を観にいっていないので新曲な気分で聴きました。 後半は去年の「元祖・今晩屋」から今年の「本家・今晩屋」を思い出すことの出来る ワクワク感で聴きました! 19歳の率直な感想・・・みゆきファンで良かった。 「翼をあげて」「NOW」「十二天」「天鏡」は鳥肌ものです! 俺と同年代の人も聴いてねえ♪
2009-12-02 03:45:57 悪いことの反省が・・・ 泥海の中からを聞いたとき、学校で友達に悪戯をしてしまったことがとても申し訳ないという気持ちになり、 涙をこらえながら相手の家に謝りの電話をしました。 この曲がなければ仲直りも反省もできませんでした。 今もぎゅっと心がしめつけられます。 今の若い人に是非聞いてほしい一曲です。
2009-11-17 20:11:52 何故? 楽しみにしていたのですぐさまダウンロードしました。 しかし何故、曲のタイトルがすべて英語になっているのでしょうか? 聞くのはこれからですが、みゆきさん好きだし、期待を込めて星五つ!
2009-11-07 18:05:49 確かに 確かに僕も"愛だけを残せ"より"闘りゃんせ"の方がよいと思いました。 まぁもともと"愛だけを残せ"のシングルなんだから"愛だけを残せ"の方が人気が高いのは当たり前でしょう。 それと映画の影響もあるかな
2009-11-03 07:05:18 名盤 中島みゆきのアルバムの中でも名盤でしょう。前作の「生きていてもいいですか。」に見られる暗さは消え 何か吹っ切れたような妙に明るいサウンドは、何かほっとしますね。 粒ぞろいの歌ばかり。 「バス通り」の歌詞の見事さ。一遍の短編小説か映画の一シーンを思わせます。「成人世代」の一節 「隣を歩いて行く奴はみんな幸せ登り坂 ころんでいるのは自分だけ誰もが心でそう思う。」なんて、 残酷なほど心理を突いています。私もどれだけこんな思いに苛まれ、口ずさんだことか。 そして「雪」の悲しいほどの抒情性。・・・・いやあ、全曲凄いです。 
2009-11-02 06:18:41 最近のみゆき節 ここ数年、声を張り上げて振り絞るかのように歌っている曲が多いように思う。 それはそれで悪くはないんだけど、たまには囁くような、呟くような曲も聞きたくなる。 みゆきさんファン歴四半世紀のおぢさんの独り言。。。
2009-10-25 23:14:22 少ないとは? 「少ない」とありましたが、どういう意味でしょうか?試聴の時間が短いという意味でしょうか。そうであるならば、私も試聴に疑問があります。ボーカルの試聴に、間奏の音楽だけが流れていることがあります。一曲づつ、どの部分を流すのがいいのかを判断するのはむずかしいでしょうし、面倒でしょうが、しかし、試聴ということを考えると、今の方法には疑問があります。
2009-10-23 04:37:55 「闘りゃんせ」が少ないのは何故 33年のファン歴を持つものです。私は残念ながらすでに某ショップで予約を入れてるので ダウンロードはしません。友人から先行の話を聞き見に来ましたが ちょっとこのダウンロード に疑問を持ってます。ここでダウンロードしてるのがみゆきさんのファンでないのなら仕方ないと して なんで「闘りゃんせ」はこんなに少ないの?----ちょっと聴いてみた感では「闘りゃんせ」は いい感じに仕上がっています。ちょっとファンとして疑問に思ったので書きました。
2009-10-22 07:39:19 臨月 バス通り 懐かしいです。 あとは 夜曲 傑作だと思います。 こんな歌 歌う人 今いるんでしょうかね~ なんだか、せつないけど、生きる強さを思い出すのが中島みゆきの真骨頂のような気がします。 私の一生は この人の歌なしには、絶対におくれない そんな存在です
2009-10-22 06:24:04 改めて凄い! 父親の影響で生まれてから中島みゆきサウンドで育ちましたが、30歳を前にして久々に聞いても、震えます。 「時刻表」の秀逸な孤独な風景描写は実家をでて暮らすようになって初めて理解できました。 素晴らしいです。
2009-10-20 10:47:23 たまらんですねpart2 わたしは「ひとり上手」がツボです。いろんな娘を好きになっては、ふられてばかりだった当時中学生の自分の青春そのものです。オールナイトニッポン放送内のコーナーでのサビとみゆき嬢のめちゃ明るい声が甦ってきました。また聞きたいな。
2009-09-15 06:35:06 いつも懐かしく、いつまでも新鮮!!! 中島みゆきの作品は、いつもどこか懐かしく、そして不思議なことに、いつまでも新しい! その詩はつねに簡明で、かつ深さをもった言葉で綴られ、曲はその時代にあった多彩な表情で表現され飽きることがない。 彼女の世界をジャンル別けするのは全く無意味で、フォーク、ロック、ポップスといった垣根を軽く飛び越え、 中島みゆきは、中島みゆきというジャンルでのみ語られるべきである。 だから、いまさらこのアルバムの、どの曲がロックぽいとか、バラードがいいとか、そんなことは、どうでもいいことで 黙って、全曲聴くべきで、何回も聴きなおし、深く味わってほしい。 この作品もほかの中島みゆきの作品同様、何年かたっても、また聴くに耐えうる珠玉の作品である。 僕は、彼女と同時代に生きられたことを、感謝してやまない。

2017 上半期ヒットチャート